チヌの(ウキ)フカセ釣りでエサは非常に重要です。

エサの選択を誤るとまったく釣れないこともあります。

エサには、刺し餌と撒き餌があります。

ここでは、チヌのフカセ釣りで使う刺し餌と撒き餌についてご紹介します。

スポンサーリンク

チヌの(ウキ)フカセ釣りの刺し餌

チヌの(ウキ)フカセ釣りの刺し餌についてご紹介します。

フカセ釣りの刺し餌には、オキアミ練りエサがよく使われます。

コーンを使ってもよいです。

コーンを先に刺してから、その後オキアミを付けるのもありです。

チヌの(ウキ)フカセ釣りのエサ(撒き餌など)

エサの大きさは、大き過ぎても小さ過ぎてもよくありません。

基本的には、針の大きさにエサを合わせます。

小さい針に大きなエサを付けると、外れてしまったり、チヌがエサを食べても針がかりしなかったりします。

途中で、針の大きさを変える場合は、当然エサのサイズも変えないといけません。


また、チヌの反応がよくない場合は、エサの種類を変える必要があります。

今まで喰っていても、急に喰わなくなることがあります。

そのような場合も同じです。

ススム
いろいろな状況に対応できるように、何種類かのエサを用意しておく必要があります。

スポンサーリンク

チヌの(ウキ)フカセ釣りで使う練りエサ

チヌの(ウキ)フカセ釣りで使う練りエサについてご紹介します。

練りエサは何種類かの商品を混ぜて使ってもよいです。

おすすめの練りエサは、黄色い「食い渋りイエロー」「エサ持ちイエロー」赤色の「集魚レッド」です。

すべてマルキューの商品です。


それぞれのエサの特徴は次のとおりです。

イエロー

チヌは、イエローに好反応を示します。

目立ちやすいので、潮が濁っていたり、深場で釣る場合に適しています。

エサ持ちイエローの方がエサ持ちはよいです。

冬場は、食い渋りイエローの方がおすすめです。


レッド

集魚力が高いエサとなっています。

比重が高いのでよく沈みます。

イエローよりも目立ちにくく、沈むのが速い分、エサ盗りに強いです。


基本的には、イエローとレッドのエサを使い分けます。

ただ、常に2つのうちのどちらかを選ぶのではなく、状況に応じてはいろいろな割合で混ぜて使うとよいです。

つまり、それぞれの特徴を活かすようにするのです。

例えば、チヌのイエローに対する反応はよいが、エサ盗りが多い時は、イエローに少しレッドを混ぜてエサ盗りをかわします。

割合は自由に決められるので、自分の好きなエサを作ることができます。

その日にぴったりのエサを作ることができれば、連続ヒットも可能です。


練りエサは、乾燥や雨に弱いです。

密閉された乾燥に強い容器「サーモベイト ステンX(シマノ)」に入れておくとよいです。

チヌの(ウキ)フカセ釣りの撒き餌

チヌの(ウキ)フカセ釣りの撒き餌についてご紹介します。

撒き餌は、チヌのフカセ釣りでは欠かせないものです。

撒き餌で、釣果に大きな差が出ることがよくあります。


撒き餌は、自分で作るのが一般的です。

普通は、オキアミをそのまま、あるいは刻んで入れたり、アミを入れたりします。

それに、集魚剤(配合エサ)を混ぜます。

撒き餌がしやすい硬さに仕上げることが重要です。

最後に、よくこねます。

よくこねると、海底での撒き餌の効果を伸ばすことが可能です。

比重が軽いものも混ぜておくと、上層から下層まで撒き餌がよく効きます。


おすすめの配合

オキアミナンバー湾チヌツー(マルキュー)+激荒(マルキュー)

底に沈むタイプの撒き餌です。

粘りが出るまでよく混ぜます。


このような配合も面白いですよ。

爆寄せチヌ(マルキュー)+チヌパワー激重(マルキュー)+激荒(マルキュー)

ナンバー湾チヌツー(マルキュー)+激荒(マルキュー)

爆寄せチヌ(マルキュー)+湾チヌスペシャル(マルキュー)+チヌパワームギスペシャル(マルキュー)


撒き餌は、刺し餌以上にいろいろと工夫することができます。

自分だけのオリジナルの撒き餌を研究するとよいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事