高級魚として知られているアラ。

あまり馴染みのない魚かもしれません。

しかし、釣りものとしては人気があります。

ここでは、アラ釣りの時期などについてご紹介します。

スポンサーリンク

アラとは

アラはスズキ目ハタ科に属する魚です。

地域によっては、イカケ・ホタ・オキスズキ・キヨセと呼びます。


北海道~九州までの沿岸に生息しています。

水深70~360mの岩礁域などで見られます。

体型はスズキに似ています。

顔は尖っています。

体長は最大で1mを超えます。

ひれは鋭く、背びれなどには毒があります。


透明感のある白身で美味です。

鍋や刺身で食べられることが多いです。

市場での流通が少ないです。

そのため、非常に高級な魚となっています。

大型ほど価格が高いです。

スポンサーリンク

アラとクエの違いは?

アラとクエは同じ魚なのでしょうか?

結論から先に言うと、アラとクエはまったく別の魚です。

ただし、共通点がいくつかあります。

主なものをいくつか挙げます。

どちらもハタ科の魚です。

黒っぽくてやや細長い魚体をしています。

1mを超える個体もいます。

深場に生息しています。


クエは、九州ではアラと呼ばれています。

そのため、クエとアラが同じ魚であると勘違いされることがあります。

こちらはクエです。

アラ釣りのおすすめの時期は?旬は?

アラ釣りのおすすめの時期と旬についてご紹介します。

アラは年間を通して釣ることができます。

釣りやすいのは11~2月頃です。

特におすすめなのは1~2月頃です。


アラの旬はです。

この時期になると、脂がたっぷり乗って非常においしいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事