PEの登場によって、ルアー釣りなどは大きく変わりました。

今までよりも細いラインを使えることで、さまざまなメリットが生じたためです。

その結果、多くの釣りでPEが使われています。

ここでは、PEのメリット・デメリットやおすすめの商品などをご紹介します。

スポンサーリンク

PEラインのメリット

PEラインのメリットについてご紹介します。

次のようなメリットがあるため、最近PEが多くの釣りで使われるようになりました。

PEラインのおすすめは?選び方やメリット・デメリットも解説!

細い号数を使える

号数が同じであれば、PEはナイロンやフロロカーボンに比べて4倍以上の強度があります。

強度とは引っ張り強度のことです。

そのため、PEならより細い号数を使うことができるのです。

細いと、キャスト時の摩擦抵抗が小さい上に、空気抵抗も少ないので飛距離がアップします。

また、水の抵抗を受けにくいので、潮の影響を受けにくいです。

深場を狙うのにも適しています。

伸びにくいので感度がよい

PEは、ナイロンやフロロカーボンに比べると伸びません。

繊細なアタリでも穂先や手に伝わりやすいです。

そのため、今やルアー釣りでは欠かせないラインとなりました。

また、ルアーに力がダイレクトに伝わるので操作性がアップします。

合わせた際にも、しっかりとフッキングさせることができます。

スポンサーリンク

PEラインのデメリット

PEラインのデメリットについてご紹介します。

PEを使うことで多くの恩恵を受けることができます。

しかし、デメリットもあります。

根ズレに弱い

PEは、引っ張る力には強いです。

しかし、耐摩耗性に劣るという弱点があります。

そのため、岩などで擦れるとすぐに切れてしまいます。

細い号数を使うのでなおさらです。

その弱点を補うためにショックリーダーを結束します。

また、沈下速度が遅く、風にも弱いです。

結び目が弱い

PEは結び目が弱いです。

表面が滑りやすいので解けてしまうことがあります。

また、結び目で切れてしまうこともあります。

そのため、ショックリーダーとの結束はFGノットなどが用いられます。

高額

PEは、ナイロンやフロロカーボンに比べて高額です。

巻き替えに費用がかかってしまいます。

PEの選び方は?太さが重要?

PEの選び方についてご紹介します。

もっとも重要なのは太さ(号数)です。

太さは、対象魚によって選ぶのが基本です。

ただ、同じ対象魚でも狙う大きさによって異なります。

釣り方や釣る場所、潮の状況などによっても変わってきます。

上でご紹介したメリット・デメリットを考慮します。

  • 飛距離を重視するのか?
  • 潮の速さや風の強さ、狙いの水深は?
  • 感度を重視するのか?
  • 沈下速度を重視するのか?
  • 根ズレが起こりやすい場所であるかどうか

こういったことを総合的に判断して太さを選ぶと失敗は少ないです。


また、PEには編み数が異なるものがあります。

通常、同じシリーズのPEには4本編み、8本編み、12本編みのものが販売されています。

では、編み数によって何が違うのでしょうか?

基本的には、編み数が少ないほど耐摩耗性が高いです。

一方、編み数が多いほど滑りがよく、引っ張り強度が高くなります。


次のように編み数を使い分ける釣り人が多いです。

  • アジング・メバリング・・・4本編み
  • シーバス・エギング・・・8本編み
  • タイラバ・・・12本編み
こちらはあくまで一例です。

もちろん、これ以外の編み数でも釣ることは可能です。

編み数が多いほど高額になるので、予算に応じて選んでもよいです。

PEの寿命は?

PEの寿命についてご紹介します。

もちろん、PEにも寿命があります。

ずっと使い続けていると高切れしてしまいます。


それでは、いつ交換すればよいのでしょうか?

メーカーはその時期を明確にはしていません。

それは、釣り人によって釣りに行く頻度や釣り方などが異なるためです。

個人的には、PEに施されたコーティングが取れてくれば交換した方がよいと考えています。

変色してくれば、かなり切れやすくなります。

ただし、傷んだ部分のみを切れば問題ないのなら切って使います。

他には、高切れが目立つようになってきた時や大型魚を狙う時に巻き替える釣り人もいます。


毎シーズンごとの釣りに行く頻度や釣り方がほとんど同じであれば、1シーズンあるいは2シーズン終了後に巻き替えるというように決めておいてもよいです。

できるだけラインにかかる費用を抑えようとすれば長く使うようにすればよいです。

しかし、長くても、使用するのは2シーズンまでにしておいた方が無難です。

最終的には、巻き替える時期は釣り人が自分で判断するしかありません。


コーティング剤を使うとPEの寿命が延びます。

VARIVAS PEにシュッ!」がおすすめです。

PEのおすすめは?

PEのおすすめについてご紹介します。

・ダイワ UVF ソルティガセンサー 12ブレイドEX+Si

・シマノ ピットブル

・シマノ タナトル

・メジャークラフト 弾丸ブレイド

・クレハ シーガーPEX8

・デュエル ハードコア®X8

・YGKよつあみ XBRAID UPGRADE X8

・東レ スーパーストロング PE x8

・ラパラ ラピノヴァX

・VARIVAS アバニ キャスティングPE マックスパワー X8

・放浪カモメ オリジナルPEライン エクストラパワー



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事