アイナメは、ロックフィッシュの中の一種です。

非常に引き込みが強く、釣りごたえのある魚です。

1度釣ると、病みつきになってしまいます。

ここでは、アイナメ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

アイナメとは?

アイナメは、寒い時期に狙える貴重なターゲットです。

針がかりした時、首を振る強い引き(首振りダンスと言われる)が独特です。

アイナメ釣りの時期・時間帯

アイナメは、カサゴ目アイナメ科に属する魚です。

体型はやや細長く、淡褐色から茶褐色です。

産卵期のオスは、黄色味が強いです。

5本の側線が入っています。

体長が60cmを超えるものもいます。

ススム
産卵は、晩秋~冬に行います。


アイナメは、北日本を中心に、一部を除いて日本各地の沿岸の岩礁砂礫底に生息しています。

11~12月の産卵期には浅場にやって来ます。

産卵後、メス深場に落ちていきます。

オスは、卵を守るためそのまま浅場に残ります。

スポンサーリンク

アイナメ釣りの時期のおすすめ

アイナメ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

アイナメ釣りは、10~4月がおすすめです。

中でも、11~12月1~4月がベストシーズンです。

前者は産卵前の荒食いの時期で、後者は産卵後の体力回復のための荒食いの時期となります。

どちらも、比較的釣りやすいです。


11~12月は、産卵のため浅場に来ているので、堤防のヘチ際テトラ周辺が狙い目です。

産卵後は、投げ釣りで沖の方を狙うとよいです。


ただし、北海道や東北ではおかっぱりから釣れる時期が異なります。

アイナメは、低水温期に釣れる魚です。

そのため、北海道や東北では少し事情が変わってきます。

北海道では、年間を通して狙うことができます。

東北では、真夏の暑い時期(主に8月)以外は狙うことができます。


なお、船釣りの場合、でもアイナメを釣ることができます。

船なら、深場を攻められるためです。

アイナメ釣りの時間帯のおすすめ

アイナメ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

アイナメは夜行性ではないので、日中の釣りがメインとなります。

もっとも狙うべきは、朝マズメです。

朝マズメを含む午前中に釣ると、比較的好釣果が得られます。

もちろん、夜釣りでも釣ることは可能です。

大型が釣れることが多いです。


他には、水温が安定している時間帯潮が動いている時間帯もおすすめです。

ちょっとしたことで、アイナメの活性が変わります。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事