チニングはボートから行うこともできます。

ボートチニングと言います。

まだそれほど広まっていないようですが、今後人気が出てくるかもしれません。

ここでは、ボートでのチヌ釣り(ボートチニング)の仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ボートチニングの仕掛け

ボートチニングの仕掛けについてご紹介します。

ボートチニングはいろいろな場所で釣りができますが、今回は堤防際に積まれた消波ブロックの底付近をボートから狙います。

ボートなら、おかっぱりから狙えないような好ポイントを攻められるので、良型連発も期待できます。


ボートチニングの仕掛けは、次のとおりです。

ボートでのチヌ釣り

釣りに行く場所などによっても異なりますが、ここではジグヘッドとワームを使います。


ロッド

ロッドは、チニングロッドを使います。

使用するジグヘッドに応じたロッドを選びます。

長さは、8フィート前後が使いやすいです。


リール

リールは、キャストするのでスピニングリールを使います。

サイズは、2000~3000番が使いやすいです。

細いラインを使うので、ドラグ性能のよいものを選びます。


ライン

ラインは、PEの0.6~0.8号を使います。

PEは、感度がよいので、繊細な当たりでもわかりやすいです。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの3号をセットします。

長さは1m前後です。


ジグヘッド・ワーム

ジグヘッドは、5g前後を使います。

重さは、潮の速さなどによって変わります。


ワームは、クロー系を使うとよいです。

サイズは、1.5~2インチを使います。


ジグヘッド&ワームの組み合わせでなく、ルアー(メタルバイブなど)を使ってもよいです。

重さは、5gぐらいがおすすめです。

スポンサーリンク

ボートチニングの釣り方

ボートチニングの釣り方についてご紹介します。

釣り方は、次のとおりです。

狙うのは消波ブロックの底付近です。

まず、仕掛けをキャストして底まで沈めます。

消波ブロックから離れすぎると、チヌはいないので、岸から5mくらいまでを探ります。

ボートでのチヌ釣り

誘い方は、シンプルです。

ジグヘッド&ワームでも、ルアーでも釣り方はほとんど同じです。

ワームをチョンチョンとシャクッて底まで沈めるを繰り返すだけです。

シャクリ幅は、30cm程度です。

大きくしゃくり過ぎない方がよいです。

ラインは張り過ぎず、緩め過ぎない状態をキープします。

ラインのテンションは、竿の上げ下げで調整します。

あまり止めないで誘い続けます。

2回連続跳ね上げさせて沈めるなどのパターンがよいです。

跳ね上げさせる速さや幅、回数などはいろいろ試してみます。

どのようなパターンがよいのかは、日や場所によって異なるためです。


チヌは、ジグヘッド&ワーム・ルアーが沈む(フォール)際に喰ってきます。

当たりがあれば、即合わせします。

あとは、ラインを張った状態で、無理をせずにやり取りします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事