紀州釣りは、別名ウキダンゴ釣りと呼ばれるようにダンゴを使って釣ります。

ダンゴは紀州釣りには欠かせません。

ここでは、紀州釣りのダンゴの配合とエサについてご紹介します。

スポンサーリンク

紀州釣りのダンゴは自作?それとも市販?

紀州釣りでもっとも重要なものとして、撒き餌(ダンゴ)を挙げることができます。

ダンゴの出来次第で釣果が決まると言っても過言ではありません。


ダンゴの作り方には、大きく分けると2つあります。

自作するか、市販のエサを使うです。

それぞれについて見てきます。

スポンサーリンク

紀州釣りのダンゴを自作する!レシピは?

複数の材料を混ぜてダンゴを自作する方法についてご紹介します。

次の材料を入れます。

  • 砂 3リットル
  • ヌカ 9リットル
  • 押し麦(釣り用) 適量
  • 細びきさなぎ 1kg
  • アミエビ ブロックの半分
  • チヌパワースペシャルMP 適量(入れすぎない方がよい)
  • 海水 適量

必ず全部入れないといけないわけではありません。

アミエビとチヌパワースペシャルMPは入れなくても問題ありません。

他の材料を入れたり、入れる量を変えてもOKです。

これが正解というものはありません。


自作のよい点は、比較的安く手に入る材料が多いので、安くあげることができる点です。

入れる材料についても、自分なりに考えていろいろ試せる点もよいです。

紀州釣りのダンゴの配合

紀州釣りのダンゴ用配合エサを使う

市販のダンゴ用配合エサを使う方法についてご紹介します。

海水を混ぜるだけでよいのでおすすめです。

しかも、専用のものだけあって、“沈むのが速い” “崩れるのが速い” “握りやすい”とよいことばかりです。

もちろん、集魚力も高いです。


では、どのような配合エサを使えばよいのでしょうか?

こちらは、比重が高くてより速く沈むダンゴの作り方です。

参考してみてください。


次の材料を入れます。

  • 本筏チヌ 半分
  • 大チヌスペシャルハイパー 半分
  • 紀州マッハ攻め深場 半分
  • ニュー赤ダンゴチヌ 6Kg
  • 速戦爆寄せダンゴ(活性が低い場合は適量)
  • 海水 適量

まず、必要な配合エサを入れます。

その後、適量の海水を加えながら混ぜていきます。

配合エサは上の分量を入れると、約14Kgになります。

海水の目安は約3リットルとなります。

これはあくまで目安です。

ダンゴの硬さに注意しながら、少しずつ海水を加えるようにしてください。


状況に応じて、アレンジも可能です。

砂や押し麦、細びきさなぎ、アミエビなどを混ぜてもOKです。

自分なりにいろいろ工夫してみると、さらに釣りを楽しめます。

紀州釣りのダンゴの配合

紀州釣りのダンゴは硬さが重要

自作の場合でも、市販のエサを使う場合でも、ダンゴの硬さは重要です。

つまり、入れる海水の量です。

これを誤ると、まったく釣れないこともあります。

水加減には注意が必要です。


理想は、しっかり握れてしっとりしているぐらいです。

海水が多いと、べちゃべちゃして割れにくくなります。

逆に少ないと、しっかり握れず、底に着くまでに割れてしまいます。


気温などでも変わるので、いつも同じ分量の海水を入れればよいというわけにはいきません。

確認しながら、少しずつ海水を入れていくようにします。

着底してから、1~2分ほどで割れるような硬さを目指してください。

なお、エサ盗りが多い時や潮が速い時は硬めにして、小さ目のダンゴを作るようにします。


正直、文章で説明するのは難しいです。

自分で作って、実際使ってみないとなかなかわからないと思います。

ある程度の知識が入れば、あとは実践あるのみです。

いろいろ試してみてください。


実は、もう1つ重要なことがあります。

ダンゴを握る際の力加減です。

軽く握るのか、しっかり握るのかで、できあがるダンゴの硬さは変わってきます。

基本的には、底までダンゴを落とすのなら、少し力を入れてしっかり握る必要があります。

狙う水深に応じて握る回数を変えるなどの工夫が必要です。

いろいろ試してやっていくしかありません。

紀州釣りの刺し餌

紀州釣りの刺し餌についてご紹介します。

刺し餌には、オキアミ練りエサがおすすめです。

どちらか一方を使い続けるよりも、交互に使う方がよいです。

他には、コーンやさなぎ、オキアミのボイルなどを用意しておくとよいです。

エサ取りが多い場合には、コーンやさなぎなどの固めのものを使うとよいです。


どのエサをよく喰いのかはやってみないとわかりません。

それに、釣りに行く場所によってもかなり変わってきます。

近くの釣具店などで情報を入手しておくとよいです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事