チニングのトップウォーターゲームは、水面でチヌが喰ってくるのが見えることが多いです。

大興奮間違いなしの釣りです。

ここでは、チニングのトップウォーターゲームの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

チニングのトップウォーターゲームの仕掛け

チニングのトップウォーターゲームの仕掛けについてご紹介します。

トップウォーターゲームは、広く探りながら釣るのが基本です。

水面付近でルアーを引いて、チヌにアピールします。

こうした釣り方に適したルアーを用意しないといけません。


トップウォーターゲーム仕掛けは、次のとおりです。

チニングのトップウォーターゲームの仕掛け

ロッド

ロッドは、チニングロッドを使うとよいです。

長さは、8フィート前後がおすすめです。


リール

キャストするので、スピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番が扱いやすいです。


ライン

ラインは、PEを使います。

PEは伸びないので、ルアーの操作性が上がり、小さな当たりが取りやすいです。

さらに、当たりがあった時に針がかりさせやすいです。


PEは、0.4~0.8号がおすすめです。

軽いルアーを使用することが多いので、比較的細いPEが使えます。

細いと、飛距離がアップするので、より広く探れるようになります。

ただ、高切れには注意が必要です。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2.5~3号がおすすめです。

ルアーの重さに合わせて、細くしたり、太くしたりします。


ルアー

ルアーは水面付近を狙うのに適したタイプのものを使います。

次の3つを用意しておくとよいです。

  • ペンシルベイト
  • ポッパー
  • スプラッシャー

スポンサーリンク

チニングのトップウォーターゲームのポイント

チニングのトップウォーターゲームのポイントについてご紹介します。

流れが変化する場所(反転流など)やストラクチャーを狙うのが定石となっています。

ベイトが集まっていたり、居着きのチヌがいたりするためです。

夏なら砂地を攻めるとよいです。

よさそうなポイントがなければ、広範囲を探りながら場所を移動していきます。

チニングのトップウォーターゲームの釣り方のコツ

チニングのトップウォーターゲームの釣り方のコツについてご紹介します。

トップウォーターゲームは、ルアーをキャストして誘って釣ります。

ススム
まずは、ペンシルベイトで探ってみるとよいです。

その後、状況によっては、ポッパースプラッシャーに変更します。

チニングのトップウォーターゲームの仕掛け

ポイントが決まれば、キャストします。

着水後、誘い始めます。


基本的なロッド操作は、ペンシルベイト・ポッパー・スプラッシャーすべて同じです。

トゥイッチしながらリールを巻いてくるだけです。

トゥイッチとは、リールを巻きながら、ロッドを小刻みにシャクり続けることです。

ただ巻きも有効です。


誘い方は、ルアーの種類によって若干異なります。

次のように誘うとよいです。


ペンシルベイト

ペンシルベイトは、トゥイッチで誘うのが基本です。

すると、左右に首を振るように動きます。(ドッグウォーク

基本的には、一定の速さで動かしますが、速く引いたり、ストップを入れたりするとよい誘いになることもあります。

完全に止めると、見切られてしまうので注意が必要です。


ポッパー

ポッパーは、音と水しぶきで誘うルアーなので、それらを意識してトゥイッチを入れながら引いてきます。

リズミカルに誘う方が食いがよいです。

ストップ(2秒程度)を入れるのも効果的です。

あまりにも強くアクションを入れると、水面から飛び出てしまって釣れませんので注意が必要です。


スプラッシャー

スプラッシャーは、ただ巻きで引いてくればよいです。

すると、スプラッシャーが水しぶきを上げてローリングします。

ただ巻きの代わりに、トゥイッチ短いジャークでもOKです。


すべてのルアーに共通することですが、チヌはあまり激しいアクションを好みません。

そのため、トゥイッチなどは軽めに行うようにします。

ちなみに、速巻きもOKです。

あと、チヌに違和感を抱かせないように誘うことが重要です。


ロッドの角度にも注意が必要です。

ルアーが遠くにある時はロッドを立て、ルアーが近づいてきた時はロッドを寝かせるようにします。

どうして寝かせるのかと言えば、近くに来てもロッドを立てていると、水面を滑ってしまうためです。

これでは、思うようなアクションを入れられません。


当たりがあっても、早合わせは厳禁 です。

早合わせすると、すっぽ抜けてしまうためです。

魚の重みを感じてから合わせるとよいです。


当たりがなければ、カラーをチェンジします。

一般的には派手なカラーから地味なカラーへ変えます。

サイズは、小さめにするとよいです。


釣れなければ、どんどん場所を移動して探ります。

同じ場所で、あまり粘らない方が、結果的によい釣果が得られることが多いです。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事