チヌ釣り(チニングなど)のポイント選びについてご紹介します。

チヌは、水深50~60mよりも浅い沿岸に生息しています。

内湾を好むため、港や汽水域などで見かけることが多い絵です。

どのような魚を釣る場合もそうですが、必ずその魚にとって最適なポイントというものがあります。

スポンサーリンク

チヌ釣りにとって最適なポイントとは

では、チヌ釣りにとって最適なポイントとはどこなのでしょうか?

最適なポイントは、次のとおりです。


汽水域

汽水域は、海水と淡水が混じり合う場所です。

当然のことながら、塩分濃度が低いです。

汽水域は、栄養豊富なため、多くの小魚なども集まってきます。

こういった小魚などを食べるチヌもたくさん寄ってくるのです。


ストラクチャー

ストラクチャーとは、障害物のことを指します。

チヌは、障害物周りやカケアガリなど、海底に変化がある場所を好みます。

こういった場所を、まず攻めてみるとよいです。


岸壁

岸壁も、好ポイントの1つです。

岸壁沿いは、地形の変化が大きいので、チヌがつきやすいです。

特に、好んで食べる貝類がへばり付いている岸壁は狙い目です。

底だけでなく、中層にいることもあります。


他にも、いろいろなポイントがあります。

しかし、まずは上の3つのポイントをしっかりと攻めるとよいです。

チヌ釣り(チニングなど)のポイント選び

チヌは、一般的にボトム(底)にいる魚というイメージが強いです。

しかし、トップウォーター(表層付近)でも喰ってくることがあるのです。

そのため、同じポイントでも、チニングではトップウォーターとボトムの両方を攻めることができます。

もちろん、時期や状況によっては難しいこともありますが。

やってみない手はありません。


チヌ釣りにとって、ポイント選びは非常に大切です。

近くにある釣具店で、ポイントや最近の釣果などについての情報を入手するとよいです。


スポンサーリンク

チヌ釣りの季節ごとの攻めるべきポイントとは

季節ごとの攻めるべきポイントは、次のとおりです。

年によって、季節がズレることがあります。

参考程度にみておくとよいです。

ポ イ ン ト季        節
河 口
汽水域
サーフ
ゴロタ浜
藻 場
堤防(テトラなど)
沖堤防
浅 場
深 場
地 磯
沖 磯
河口:河川が海に注ぎ込む場所
汽水域:海水と淡水が混じり合っている場所


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事