アオリイカは、船からのエギングでも狙えます。

春は浅場で大型を釣ることができます。

ここでは、春のエギングの船仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

船での春エギングの時期

船での春エギングの時期についてご紹介します。

基本的には、エギングは年間を通して楽しむことができます。

ベストシーズンはです。

中でも、春は大型を狙うのに最適な時期です。

3~6月頃になると、産卵のため大型のアオリイカが浅場にやって来るためです。

エギングの船仕掛けと釣り方!春の攻略法とは?

超浅場でも狙うことができます。

超浅場では船は厳しいので、ボートで釣ります。

ボートエギングはこちらを参考にしてみてください。



この記事は、船で浅場を狙うエギングについて解説していきます。

はある程度水深のある場所で釣りますが、ボートは水深が5~10mほどの場所で釣ることが多いです。

船からのエギングは、ボートでの仕掛けや釣り方とは異なります。

スポンサーリンク

エギングの船仕掛け

エギングの船仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

  エギングの船仕掛けと釣り方!春の攻略法とは?

ロッド

ロッドは、アオリイカ専用ロッドを使います。

長さは3m前後です。

長めを使うのは、小さくシャクッても竿先の振り幅は大きくなって、エギがしっかり動いてくれるためです。

エギが船影から離れ、アオリイカの警戒心を和らげることができます。

浅場で釣る場合はかなり有効です。

他には、7:3~6:4調子のゲームロッドでもOKです。

長さは2m前後です。


リール

リールは、小型の両軸リールを使います。


ライン

ラインはPEの1~2号を使います。

100mほど巻いておきます。


ハリス

ハリスは、フロロカーボンの4~5号を使います。

長さは4m前後です。


オモリ

オモリは中オモリを使います。

10~12号がおすすめです。


エギ

エギはノーマルタイプのものを使います。

サイズは3.5~4号がおすすめです。

カラーは、ピンク・オレンジ・ブラウン・オリーブ・パープルなどがよく使われます。

始めは、ピンクやオレンジでアオリイカの反応を確かめるとよいです。

日中ブラウンやオリーブといったナチュラル系がおすすめです。


ハリスとの間には、エギ用スナップを使うと便利です。

ただし、スナップが大きすぎると乗りが悪くなります。

S~Mがおすすめです。

船でのエギングの釣り方

船でのエギングの釣り方についてご紹介します。

まず、船長からの指示ダナまで仕掛けを沈めます。

指示ダナまで沈んだら、ハリスがピンと張るまで待ちます。

ピンと張れば、誘い始めます。

鋭くシャクッてエギを跳ね上げます。

すぐに竿先を下げてエギをフォールさせます。

その後、6~8秒アタリを待ちます。

乗ってこなければ、再びシャクります。

これを繰り返し行います。


ただし、次のことに注意しなければなりません。

海底の起伏に合わせて、常にタナが変わります。

そのため、船長からのタナのアナウンスに従って、ラインの出し入れをして調整しなければなりません。

そうしないと、タナボケや根掛かりで釣りになりません。


乗ってこなければ、ソフトにシャクッてフォールさせ、12~15秒待つような釣り方をするとよいです。

春の大型はあまり激しく誘うとよくないことが多いです。

一方、秋の小型は少し激し目に誘った方が効果的です。


アタリがあれば合わせます。

フッキングすれば、重量感が手に伝わってきます。

後は、ラインを緩めないように一定の速さで巻き上げます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事