魚介類の旬の時期・栄養・食べ合わせ・保存方法・通販・ふるさと納税などに関するお得情報はこちら


秋になると、堤防に回遊してくるカマス。

カマスはルアーに好反応を示すフィッシュイーターです。

スピンテールジグでもよく釣れます。

ここでは、カマスのスピンテールジグを使ったタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カマス釣りでスピンテールジグを使うメリット

カマス釣りでスピンテールジグを使うメリットについてご紹介します。

最大のメリットは、クルクルと回転するブレードによるアピール力の強さです。

水流をかき回す激しいアクションのため、カマスは思わず喰ってしまいます。

さらに、スピンテールジグは比較的遠投しやすく、フォールが速いです。

そのため、広範囲かつさまざまなレンジを手早く探っていくことが可能です。

レンジのキープも楽です。

カマスをスピンテールジグで狙う!タックルと釣り方は?
スポンサーリンク

カマス釣りでスピンテールジグがおすすめの時間帯

カマス釣りでスピンテールジグがおすすめの時間帯についてご紹介します。

もっともおすすめの時間帯は朝夕マズメです。

カマスの活性が高いので、アピール力の強いスピンテールジグが適しています。

日中にも使えないわけではありません。

深場を狙う場合リアクションバイトで喰わせたい場合に使ってみるとよいです。

潮が濁りが入っている場合にも有効です。

カマスのスピンテールジグを使ったタックル

カマスのスピンテールジグを使ったタックルについてご紹介します。

タックルは、次のとおりです。

カマスをスピンテールジグで狙う!タックルと釣り方は?

ロッド

ロッドはライトゲームロッドを使います。

メバリングロッドアジングロッドがおすすめです。

10gまでのルアーに対応したものを選びます。

長さは8フィートほどです。

シーバスロッドでもOKです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500番がおすすめです。

ローギアモデルが適しています。

ライン

ラインはPEの0.4号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの5号を使います。

長さは50cmです。

ルアー

ルアーはをスピンテールジグを使います。

ライトゲームロッドを使う場合は5~10gを使います。

5~7gがメインとなります。

シーバスロッドを使う場合は14g前後がおすすめです。

カラーはチャート系やブルー系、レッド系がおすすめです。

カマスのスピンテールジグを使った釣り方

カマスのスピンテールジグを使った釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを遠投します。

仕掛けを底まで沈めます。

カマスは、底付近で群れていることが多いためです。

着底すれば誘い始めます。

カマスは速く巻いて誘った方がよいように感じます。

しかし、ゆっくりのただ巻きがベストです。

根掛かりしない一定の速さで巻くのがコツです。


上で、カマスは底付近にいると述べました。

しかし、沖の方では水面直下に大型がいることがあります。

大型狙いなら、水面直下も狙ってみるとよいです。

また、朝夕マズメの活性の高い時間帯は表層を狙った方がよいです。

釣れなければ、カウントダウンで少しずつレンジを下げていきます。

ただ巻きで釣れない場合は、2~3回巻いては止めるを繰り返すとよいです。


アタリは、小さなコツコツしたものやガンツンとくる大きなものがあります。

小さなアタリは無視して、そのまま誘い続けます。

大きなアタリがあれば、ロッドを立てて軽く合わせます。

フッキングすれば、一定の速さで巻いてきます。

目の前まで寄せてくれば、一気に抜き上げます。

できるだけ優しく行います。



スピンテールジグでは、まったく釣れないこともあります。

カマスはいろいろなルアーで狙えます。

そのため、ミノーやメタルジグ、ワームなどを使ってみるとよいです。

どのルアーに反応がよいのかはやってみなければわかりません。




励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事