カマスは魚食性が強いので、ルアー(ワームなど)に好反応を示します。

そのため、ルアーフィッシングに適した魚と言えます。

カマスは、意外と大きくなるので、引きを楽しむこともできます。

ここでは、カマス釣りのルアー(ワームなど)仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

カマス釣りのルアー仕掛け

カマス釣りのルアー仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは、次のとおりです。

カマス釣り ルアー ワーム 仕掛け

竿

竿は、ライトゲーム用ルアーロッドやトラウトロッド、メバリングロッド、バスロッドなどを使います。

長さは、7フィート前後が使いやすいです。

使用するルアーの重さによって、竿を使い分けるとよいです。


リール

リールは、小型のスピニングリールを使います。

サイズは、1000~2000番がおすすめです。


ライン・リーダー

ラインは、ナイロンの1~2号を使います。

細いラインを使う場合は、リーダーとしてフロロカーボンの2号30~50cmほどセットするとよいです。


ルアー

ルアーは、ミノーやメタルジグ、スプーンなどがおすすめです。

ジグヘッド&ワームの組み合わせでもよいです。

初心者には、ジグヘッド&ワームが釣りやすいです。


ミノーカマスが表層付近を泳いでいる時におすすめのルアーです。
狙うタナに応じて、フローティングタイプシンキングタイプを使い分けます。
大きさは、5~7cmです。
メタルジグカマスがどのポイント・タナにいるのか幅広く探るのに適しています。
細長いものがよいです。
重さは、5~14gです。
スプーンヒラヒラした動きでカマスにアピールします。
フォールを利用してもOKです。
重さは3~8gです。
ジグヘッド
ワーム
ナチュラルな動きでカマスに口を使わせます。
ジグヘッドは、メバル用の2gを使います。
ワームは、ストレートタイプ2インチがよいです。
カラーは、ホワイトやピンク、ブルーがおすすめです。
味や匂い付きのものを使うと効果的です。

スポンサーリンク

カマス釣りのルアーによる釣り方

カマス釣りのルアーによる釣り方についてご紹介します。

ミノー・メタルジグ・スプーン・ジグヘッド&ワームのどれで釣っても、釣り方はほとんど同じです。


カマスは、表層から中層付近を泳いでいます。

そのため、狙うの海面下50~200cmの範囲です。

釣れない場合は、タナを下げていきます。

底付近で喰ってくることもあります。


まず、仕掛けをキャストします。

狙うタナまで沈めます。


基本的な誘い方は、ただ巻きです。

狙うタナを若干速めに引いてきます。

たまに小刻みなシャクリで変化をつけると効果的です。

積極的にフォールを入れるのもおすすめです。


当たりがなければ、カウントダウンでどんどんタナを変えていきます。

ルアーの種類やサイズ、誘い方に変化を付けるのも効果的です。


当たりがあれば、巻き合わせします。

しっかりフッキングさせるために、竿を立てて合わせてもよいです。

ススム
カマスは群れで同じタナを泳いでいます。

そのため、1匹釣れれば同じタナを攻めるようにします。

カマス釣りにおいて、どのタナを狙うのかは非常に重要です。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事