タコ釣りと言っても、釣り方によって最適な竿(ロッド)は変わってきます。   

そのため、釣り方に応じて竿を選ぶことが重要です。

ここでは、船エギングで使うタコ釣りの竿のおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りで使う竿の長さなどの選び方

タコ釣りで使う竿の長さなどの選び方についてご紹介します。

どのような竿がタコのエギ釣りに適しているのでしょうか?

タコ釣りの竿(ロッド)のおすすめ

竿は、タコ釣りのエギ専用竿をおすすめします。

テンヤ専用竿でもできなくはありません。

しかし、テンヤ専用竿では硬すぎます。

エギで誘ってタコを釣る場合は、タコが乗った際のわずかな重さの違いなどを感じとらなくてはなりません。

そのため、硬いと重さの違いがわかりにくいです。

これでは、非常に釣りにくいです。

個人的には、テンヤ専用竿はおすすめしません。

なお、タコスッテで釣る場合はエギ専用の竿を使うことができます。


タコ釣りの竿の長さは、どんどん短くなる傾向にあります。

今では1.7~1.9mの竿が主流となっています。

長すぎると、タコを取り込みにくいです。

それに、誘い続けないといけないので、長すぎると誘いにくい上に疲れます。

個人的には、中間の1.8m前後がおすすめです。

スポンサーリンク

タコ釣りの竿の代用が可能なものは?

タコのエギ釣りで使う竿として代用可能なものには、どのようなものがあるのでしょうか?

上でも述べましたが、エギ専用竿がベストです。

しかし、予算の関係などで現在持っている竿を代用したいという人もいると思います。

そのような人は、次のような条件の竿を代用すればよいです。


穂先が柔らかく、胴がしっかりしている竿なら使えます。

7:3や8:2の先調子の竿がよいです。

2mぐらいまでの長さの竿が使いやすいです。

柔らかめのタチウオ専用の竿なら十分に使えます。

他にも、ジギングロッドオモリ負荷が50号以上の青物用の船竿などでもOKです。


乗合船に釣りに行くと、周りが専用竿でじゃんじゃん釣っているのに、自分だけ代用の竿で、当たりが取れずに釣れないと嫌になってきます。

本当にみじめな思いをすることになります。

それだけは避けたいのなら、やはりタコ釣りのエギ専用竿を購入した方がよいです。


タコのエギ釣りの人気の高まりにより、いろいろなメーカーからエギ専用竿が販売されています。

基本的には、好みで購入すればよいです。

ただ、専用竿の中にも穂先が若干硬いものがありますので、柔らかい竿が欲しい人は注意してください。

タコのエギ釣りの竿(ロッド)のおすすめ

タコのエギ釣りの竿(ロッド)のおすすめについてご紹介します。

蛸墨族エギ蛸ライト190


船蛸職人と言われる和田勝也氏がプロデュースしたロッドです。

敏感穂先のため、タコの前当たりがわかります。

しかも、非常に誘いやすいです。

それでいて、 強靱なバットのため、しっかりとタコをかけることができます。

175cmという短いタイプが登場しました。

もっともおすすめのロッドです。

カラーは独特なので、遠くから見てもこのロッドだとわかります。

・8:2調子
・錘負荷:MAX60号
・全長:190cm
・仕舞寸法:145cm
・標準自重:187g
・先径:1.4mm
・元径:13.8mm
・継数:2本
・墨族ロッドベルト付

ダイワ メタリア エギタコ S-178

超弾性チタン合金穂先「メタルトップ」と軽量高感度の「AGS」の採用により、高感度の穂先となっています。

さらに、軽量で操作性に優れています。

バットは大型のタコにも負けないパワーがあります。

・錘負荷:10~80号
・全長:1.78m
・仕舞寸法:129cm
・標準自重:109g
・先径:0.7mm
・元径:10.8mm
・継数:2本
・クロロプレン製ロッドベルト
・竿袋

ダイワ アナリスター エギタコ S-185

しなやかな穂先なので、底を小突きやすいです。

しかも、ボトムをトレースしやすいです。

大型のタコにも対応できるバットパワーを兼ね備えています。

長時間釣っても疲れません。

・錘負荷:25~80号
・全長:1.85m
・仕舞寸法:97cm
・標準自重:111g
・先径:1.4mm
・元径:10.9mm
・継数:2本



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事