船のタコ釣りは、エギングの登場でますます人気が高まっています。

ただ、テンヤ釣りも負けてはいません。

乗合船に行くと、まだまだテンヤ釣りをする人がいます。

ここでは、タコ釣りのテンヤ竿(ロッド)のおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りのテンヤ竿の選び方

タコ釣りのテンヤ竿の選び方についてご紹介します。

おすすめは、タコ釣りのテンヤ専用竿です。

最近は、タコ釣りの人気に伴い、いろいろなメーカーから専用の竿が販売されています。

専用に作られた竿に勝るものはありません。

エギ釣りと兼用で使いたいなら、エギ用を購入するとよいです。

テンヤ用でエギ釣りをすると、穂先がやや硬いので当たりを取りにくいです。

タコ釣りのテンヤ竿(ロッド)のおすすめ
スポンサーリンク

タコ釣りのテンヤ竿の長さは?

タコ釣りのテンヤ竿の長さについてご紹介します。

少しぐらい長い竿でも釣りは可能です。

しかし、タコ釣りの船にはたくさんの人が乗ります。

長すぎると、お祭りしやすいなど非常に釣りにくいです。

操作性や疲労度を考慮すると、2mまでの長さがおすすめです。

ススム
個人的には、1.8m前後が使いやすいと感じています。

タコ釣りのテンヤ竿に代用できるのは?

タコ釣りのテンヤ竿に代用できるものはあるのでしょうか?

実は、意外といろいろな竿で代用可能です。

ただし、どのような竿でも問題なしというわけにはいきません。

代用できる竿には、いくつかの条件があります。

もっとも重要なのは、先調子の竿であることです。

間違っても、マダイ釣り用などの胴調子の竿は使わないでください。

タコが乗って合わせても、竿が胴から曲がるだけで、タコを底から引き上げられません。

これでは、タコが底にへばり付いてしまって釣りになりません。

それなら、まだビンビンの硬い竿の方がマシです。

ただ、あまりにも硬すぎると、当たりが取りにくい上、誘いをかけた際にテンヤが跳ねてしまいます。

テンヤが跳ねると、タコの乗りが悪くなります。


代用するなら、タチウオ用の竿がぴったりです。

先調子の竿で、同じぐらいのオモリを付けて釣ります。

長さもよく似ています。

他には、ジギングロッド青物用の船竿(オモリ負荷50号以上)なども使えます。

バスロッドはおすすめしません。

タコ釣りのテンヤ竿(ロッド)のおすすめ

タコ釣りのテンヤ竿(ロッド)のおすすめについてご紹介します。

ダイワ タコ X 150

タコのテンヤ専用ロッドです。

非常に誘いやすく操作性に優れています。

バットにパワーがあるのしっかりと合わせることができます。

アジやイサキなどにも使用できます。

・錘負荷:40~120号
・全長:1.50m
・仕舞寸法:80cm
・標準自重:140g
・先径:1.6mm
・元径:12.9mm
・継数:2本

メジャークラフト 2代目ソルパラX SPXJ-B562H/TACO

船からのタコ釣り専用竿です。

穂先は繊細なので、タコが触ってきたことを感じることができます。

視認性のよい蛍光イエローペイントが施されています。

タコを海底から引き離せるバットのパワーがあります。

・錘負荷:MAX60号
・全長:5.6フィート
・継数:2本

アルファタックル 海人 明石タコ 170

明石のマダコ釣り専用ロッドです。

ほどよい張りのある穂先は当たりを取りやすいです。

操作性が高く、大型のタコを底から引き離せるバットパワーを兼ね備えています。

タコエギでの釣りにも対応しています。

・錘負荷:40~120号
・全長:1.70m
・仕舞寸法:125.0cm
・標準自重:185g
・先径:1.9mm
・元径:13.5mm
・継数:2本




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事