船・堤防でのタコ釣りで使うテンヤの選び方についてご紹介します。

おすすめのエサについても解説します。

スポンサーリンク

タコ釣りのテンヤの選び方

タコ釣りのテンヤの選び方についてご紹介します。

テンヤには、厳密に言えば船用堤防(おかっぱり)用があります。

そのため、釣りに行く場所(船または堤防)に適した専用のものを用意します。

船用と堤防用の見た目は、それほど変わりません。

オモリの重さが異なります。

船用の方が重いです。


軽いものしかラインナップがないテンヤでは、船での釣りには使えません。

潮で流されてしまうためです。

逆に言うと、一定の重さがあるものなら船釣りでも使えます。

このように、重さで船釣り・堤防釣りに使えるのかを判断するとよいです。

タコ釣りのテンヤのおすすめ

では、どのようなテンヤを選べばよいのでしょうか?

次の2点で選びます。

スポンサーリンク

テンヤの素材で選ぶ

テンヤの素材には、木や竹、プラスティックなどがあります。

特に、どの素材がよく釣れるということはありません。

そのため、基本的にはどれでもよいです。

個人的には、木製のテンヤをよく使います。

テンヤの重さで選ぶ

テンヤでもっとも注意すべきは、重さです。

テンヤには、オモリが付属しています。

オモリには、いろいろな重さのものがあります。

船釣りでは、40~60号の重さのテンヤを使うこと多いです。

船によって統一している場合や、潮の速さにより使い分けている場合があります。

事前に釣り船に確認しておくとよいです。

ロストしてもよいように、よく使う重さは最低でも2~3個は用意しておきます。


堤防では、もっと軽いものを使うことが多いです。

ただし、釣り方(真下に沈めて釣るのか、キャストして釣るのか)や潮の速さなどでかなり変わってきます。

特に、キャストする場合は、根掛かりするおそれがあるので、予備は少し多めに持参した方がよいです。

タコ釣りのテンヤのエサ

タコ釣りのテンヤのエサについてご紹介します。

テンヤ釣りでよく使われるエサは、肉系魚系です。

肉系のエサとしては、鶏肉豚の脂があります。

一方の魚系のエサとしては、アジやイワシ、カニがあります。

他にも、いろいろなエサがあります。


日によって、肉系と魚系のどちらがよいかはわかりません。

そのため、肉系と魚系のエサを最低でも1ずつは持って行くようにします。


個人的には、何匹釣っても何度でも使える鶏肉(手羽先)がおすすめです。

アジやイワシは1匹釣ると、大抵ボロボロになってしまって交換しなければなりません。

その都度、エサを交換していると手返しが遅くなってしまいます。

そうは言っても、アジやイワシでしか釣れないのなら使うしかありませんが・・・


テンヤへは次のように取り付けます。

タコ釣りのテンヤのおすすめ

テンヤ釣りは、必ずエサを使わなければならないわけではありません。

タコ専用ワームを使ってもOKです。

タコ釣りのテンヤのおすすめ

タコ釣りの船用テンヤのおすすめ

タコ釣りの船用テンヤのおすすめについてご紹介します。

小~大型まで非常にかかりやすい針が採用されています。

エサが付けやすいようになっています。

カニ付きとカニなしがあります。


大針はよく掛かって強度も抜群です。

エサを付けやすいです。

カニ付きとカニなしがあります。


「大漁タコ掛」がグレードアップされたものです。

2本の無双針が大きな特徴です。

これにより、小~大型のタコまで一網打尽です。

エサを装着しやすくなりました。


”職人和田氏”がプロデュースしたタコテンヤです。

エサが付けやすいエサ刺しピンや糸に傷が入りにくい糸通しシステムなど、いろいろ工夫されています。

ナイロンハリス18号が40cmについています。

エサ巻きワイヤーの長さは60cmです。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事