堤防でのタコ釣りに使うリールはどのようなものがよいのでしょうか?

主なタコ釣りには、エギ釣り(エギング)・タコジグ釣り・テンヤ釣りがあります。

ベイトリールとスピニングリールのどちらを選べばよいのでしょうか?

ここでは、堤防でのタコ釣りのリールの選び方とおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りのスピニングリールとベイトリールの使い分け方

タコ釣りのスピニングリールとベイトリールの使い分け方についてご紹介します。

リールには、スピニングリールとベイトリールがあります。

どちらを使えばよいのでしょうか?


船釣り同様、堤防でのタコ釣りに使うリールは、エギ釣りやテンヤ釣り、タコジグ釣りでも変わりません。

変わるとすれば、釣り方によって使い分ける場合です。

具体的には、キャストするのかどうかです。


キャストして釣るのなら、バックラッシュしないスピニングリールの方が使いやすいです。

それにある程度飛距離も出ます。

堤防から離れたポイントを狙う場合は、スピニングリールを使うとよいです。

ただ、パワーの面ではベイトリールに及びません。


足元に沈めて釣るのなら、ベイトリールの方が操作しやすいです。

底を取りやすいというメリットがあります。

スピニングリールよりもパワーがあるので、力強く巻き上げやすいです。

堤防の際を狙う場合はベイトリールを使うとよいです。

キャストすると、バックラッシュしやすいです。

飛距離も出にくいです。


それぞれにメリットとデメリットが存在します。

キャストするかしないかで、使うリールを選ぶと間違いありません。

足元に沈めたり、ほんの少しキャストするぐらいなら、ベイトリールを使います。

それ以外は、スピニングリールを使います。


ここでご紹介した使い分け方はあくまで例なので、お好みの方を選べばよいです。

絶対にこのように使い分けないといけないわけではありません。

ススム
堤防での釣りの場合、キャストすることが多いので、スピニングリールを使う人が多いです。

堤防の際に沈めて釣ることも可能です。

タコ釣りのリールの選び方とおすすめ
スポンサーリンク

タコ釣りのリールに必要なドラグ力は?

リールを選ぶ際にもっとも重視すべきなのはドラグ力です。

ドラグ力が不足すると、ドラグが滑ってしまって、タコを底から強引に引き剥がしたり、巻き上げたりすることができません。

最大ドラグ力が最低でも4~5Kgのものを選ぶようにします。

タコ釣りのリールにおすすめのサイズ(何番)は?

タコ釣りのリールにおすすめのサイズ(何番)についてご紹介します。

スピニングリールなら、3000~4000番がおすすめです。

ベイトリールなら、小~中型でOKです。

小さめよりは、やや大きめの方が釣りやすいです。

ただ、大きいと巻き上げは楽ですが、その分重くなって、操作性が悪い上疲れやすくなってしまいます。

バランスが重要となります。


リールは、船で使うものと兼用できる場合が多いです。


堤防でのタコ釣りのリールのおすすめ

堤防でのタコ釣りのリールのおすすめについてご紹介します。

ダイワ フネXT 150P 150PL

パワータイプなのでタコのゴリ巻きに最適です。

ロングハンドルアーム&大型EVAノブにより、非常に巻き上げやすいです。

MAGブレーキ搭載のため、安心してキャストを行えます。

ギア比:5.6:1
自重:205g
最大ドラグ力:5.0Kg
糸巻量(PE):2-200、3-130

アブガルシア BLUEMAX船3

タコ釣りは、もちろんさまざまな釣り使えるベイトリールです。

マグトラックスブレーキシステムが搭載されているので、バックラッシュを抑えてくれます。

比較的リーズナブルなので、初心者の入門用としてよいです。

ギア比:6.4:1
自重:228g
最大ドラグ力:6.0Kg
糸巻量(PE):2-200

ダイワ フリームス LT4000D-CXH


LTモデルになって、軽量化が図られれたにもかかわらず、耐久性に優れたリールができあがりました。

糸絡みのトラブルが劇的に減りました。

マグシールドの採用によって、長きにわたってなめらかに巻き上げることが可能となりました。

ギア比:6.2:1
自重:240g
最大ドラグ力:12Kg
糸巻量(PE):2-300

シマノ セドナ 4000

操作性に高いため、非常に使いやすいです。

剛性・耐久性に優れた大径タイプのドラグノブが搭載されているので、思い通りのやり取りが可能となりました。

リーズナブルなリールなのでタコ釣り初心者におすすめです。

ギア比:4.7:1
自重:295g
最大ドラグ力:11Kg
糸巻量(PE):1-500、1.5-320、2-210




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事