タコは底にいるので、基本的にはオモリで仕掛けを底まで沈めて釣ります。

そのため、オモリはタコ釣りには欠かせないアイテムです。

では、オモリはどのようなものでもよいのでしょうか?

ここでは、タコ釣りで使うオモリの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

タコ釣りのオモリは何でもよい!?

タコ釣りで使うオモリは、何でも構いません。

鉛製のものでもよいし、蛍光タイプのものでもよいです。

どのようなオモリを使っても釣れないということはありません。

ただし、重さについては必ず守るようにします。

指示された重さを使わないと、オマツリして他の人に迷惑を掛けることになります。

タコ釣りのオモリの選び方

しかし、最近はタコ釣りに適したオモリが登場してきています。

どういうことかと言うと、オモリでもタコにアピールしようというのです。

タコ釣りは、タコにいかにアピールできるかが勝負というところがあります。

そのため、オモリにもタコを寄せるためのさまざまな工夫が施されています。

アピールしないよりはした方がよいという考え方です。



個人的におすすめするオモリをご紹介します。
スポンサーリンク

光略カスタムシンカー

光略カスタムシンカーは、タコに光と音でアピールすることができるオモリです。

オモリの両面にはそれぞれくぼみがあります。

そこには、ラトルスティック発光体を装着することができます。

ラトルスティックとは、中に鉄製の球が入っていて、振るとカチカチと音が鳴ります。

海中でも誘いをかけると、音が出ます。

音でタコにアピールすることができます。


発光体とは、ケミホタルのことだと思ってください。

要は、光でタコにアピールしようというのです。

カラーはイエローレッドを使うとよいです。


組み合わせは自由で、ラトルスティックと発光体を1つずつ装着してもよいですし、どちらかを両面に装着してもよいです。

この辺は好きなようにできます。

特にこだわりがないのなら、ラトルスティックと発光体を1つずつ装着すればよいです。


状況に応じて、このように使うこともできます。

浅場や晴れの日の日中は、比較的明るいです。

そのため、でのアピールを重視します。

両面にラトルスティックを装着します。

一方の深場や早朝、曇り・雨の日は比較的暗いです。

そのため、でのアピールを重視します。

両面に発光体を装着します。

こちらは目安です。

もちろん、光と音の両方でアピールしたいのなら、ラトルスティックと発光体を1つずつ装着するとよいです。


オモリ自体のカラーは、基本的には好きなものを選ぶとよいです。

カラーは、次のように使い分けてもよいです。

<浅場・深場>

ネオンレッド・マットブラック


<浅場>

ブルピンゼブラ・シルバーゼブラ・ネオンピンク


<深場>

ピーチグロー


浅場でのタコ釣りが多いので、浅場に適したカラーが多いようです。

こちらも目安です。

いろいろ試してみるとよいです。

踊るタコエギシンカー50

踊るタコエギシンカー50は、光や音ではアピールしません。

ここでの光とは、発光体を使った光のことを指します。

そのため、オモリ自体のカラーの違いによる光の強弱などはあります。


このオモリ最大の特徴は、ワームを装着することができる点です。

オモリからワイヤーが出ていて、そこにワームを固定できるようになっています。

誘いをかけた際に、装着したワームも動いてタコにアピールすることができます。

ワームは、ストレート系クロー系を付ける人が多いです。


釣り番組でよく見かけるオモリです。

一度試してみるとよいです。


普通のオモリでも、踊るタコエギシンカー50のようにワームでアピールしてタコを寄せることができます。

「踊るタコタコニードル」という商品を使います。

踊るタコエギシンカー50のワームを装着するワイヤー部分をスナップで取り付けることができるようにしたものです。

これなら、どのようなオモリでも装着OKです。

オモリにもこだわってみると、タコ釣りをより楽しめます。




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事