防波堤からタチウオを狙う際、いろいろな釣り方があります。

人気は、ワインド・メタルジグ・テンヤといったルアー釣りです。


ジグは、沖の方にいるタチウオを狙うのに最適です。

ワインドは、よく釣れると人気の釣り方です。

テンヤは、どじょう型のルアーを使った釣りです。

どれか1つで狙うのではなく、状況などに応じて使い分けるのがベストです。


ここでは、堤防におけるタチウオのルアーでの釣り方(コツ)についてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオを防波堤から狙う場合の時期

タチウオ釣りは、防波堤からも楽しめます。

数釣りだけでなく、ドラゴンと言われる大型も釣れます。

ただ、釣れると言っても、年間を通して釣れるわけではありません。

タチウオをショア(岸)から狙えるのは、6~12月ぐらいです。

年によっても、若干の早い遅いがあります。


ベストシーズンは、8~10月頃です。

この時期に行くと数釣りを楽しめます。

たくさん釣りたい人や初心者は、この時期に行くとよいでしょう。


11月に入って水温が下がっていくと、釣れる数が減っていきます。

しかし、大型のタチウオが釣れるようになります。

大型狙いをしたい人は、11~12月がおすすめです。


1~5月までは、タチウオ釣りにとってはかなり厳しい時期となります。

船釣りなら釣れる可能性はありますが、ショアからはほとんど期待できません。


※場所によって釣れる時期が異なります。

例えば、関西方面では6月頃から釣れ出しますが、関東方面では8月頃からというところもあります。

タチウオのルアーでの釣り方
スポンサーリンク

タチウオを防波堤から狙う場合の時間帯

タチウオを防波堤から狙う場合の時間帯についてご紹介します。

タチウオは夜行性なので、メインは夜釣りとなります。

活性が高いのは、朝マズメと夕マズメの前後30分ほどです。

マズメと夜間をセットで釣りに行くとよいでしょう。


日中は、タチウオが接岸していません。

そのため、あまり釣れません。

しかし、沖の方の深場を狙うと釣れる可能性はあります。

夕マズメまで少し時間がある明るいうちは、遠投して深場を狙うとよいでしょう。

ススム
時間帯によって、おすすめの釣り方が変わります。

釣り分けるとよいです。

タチウオの仕掛け(タックル)【防波堤】

タチウオを防波堤から狙う際の仕掛けについてです。

今回は、ワインド・ジグ・テンヤの3つの釣りを行えるものを解説します。


ロッド

ロッドは、ワインドロッドがおすすめです。

ショアジギングロッド(30gのルアー対応のもの)シーバスロッド(MまたはML)でもOKです。

20~40gのルアーを使うことが多いですが、硬すぎるロッドではバイトを弾いてしまいます。

これでは釣れません。

そのため、少し柔らかめのものがよいです。

小さな当たりやフォールでの当りをきちんと取れるものを選ぶようにします。

長さは、8~10フィートのものがおすすめです。


リール

リールは、スピニングリール2500~3000番がおすすめです。

ドラグ性の優れたリールを使いたいです。

そのため、安いリールはおすすめしません。


ライン

ラインは、細くて強度のあるPEを使います。

感度もよいのでおすすめです。

0.6~1号がよく使われます。

0.8号を200m巻いておくとよいでしょう。


リーダー

リーダーは、必ずセットするようにします。

PEでは、タチウオの鋭い歯ですぐに切られてしまうためです。

フロロカーボンの20~30lbがおすすめです。

長さは、20cmほどでよいです。

ワイヤーリーダーは切られにくいですが、喰いが落ちてしまいます。


ルアー

ルアーは、それぞれの釣り方のところ(下)をご覧ください。

タチウオの釣り方!ジグを使うのはいつ?

明るい時間帯は、ジグでタチウオを狙います。

この時間帯は、タチウオは沖の方にいます。

近場では釣れません。

遠投するためには、飛距離が出るジグを使う必要があります。


キャスト後、底までジグを沈めます。

着底後は、底を中心にゆっくりしたジャークで攻めます。

しっかりとルアーを見せてやります。

シャクる回数は、8~10回ほどでよいです。

その後、再び着底させてから誘い始めます。


ジグは、グロー系がおすすめです。

海の中は暗いので、グロー系が非常に有効です。


タチウオの釣り方!ワインドで釣るのはいつ?

朝マズメと夕マズメは、ワインドでタチウオを狙います。

どのレンジにタチウオがいるのかわからないので、上から下まで探ります。

ゆっくりめのワンピッチジャークで誘いをかけます。

ワームが一瞬落ちる間を作るのがコツです。


喰いが渋い時ほど、ワームのカラーが重要です。

こまめにローテーションして、反応がよいカラーを見つけます。

ワームはグロー系ピンク系が人気です。


タチウオのルアーでの釣り方

タチウオの釣り方!テンヤを使うのはいつ?

ここで言うとテンヤとは、厳密言えばテンヤ型のルアーです。

そのため、エサは付けずにワームをセットします。

おすすめは、メジャークラフトの太刀魚道場です。

どじょう型のテンヤ型ルアーです。


暗くなってくれば、太刀魚道場を使います。

もちろん、暗くなってもワインドでも狙えます。

活性が高い時はワインドで攻めて、当たりがなくなれば太刀魚道場にチェンジするとよいです。


釣り方は、非常に簡単です。

キャストして巻いてくるだけです。

シャクるなどのアクションは必要ありません。

本当に巻くだけで釣れるのです。

しかも、勝手にフッキングまでするという優れものです。


ワームは、グロー系がおすすめです。

シャッドテールで当たりが遠のけば、ピンテールを使うと効果的です。


タチウオの釣り方!ウキ釣りで狙う

タチウオをルアーで狙う人が増えてきました。

とは言え、まだまだウキ釣りも人気があります。

ルアーに喰わなくてもエサに喰うことがあります。

ウキが海中に沈んでいく光景を見ると、興奮すること間違いなしです。

ウキ釣りにハマってしまいます。

エサ釣りも面白いですよ。


ウキ釣りについては、こちらを参考にしてみてください。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事