大型魚は船からしか釣れないというイメージが強いです。

しかし、堤防から10Kgを超えるコブダイを狙うことができます。

まさにモンスターです。

ここでは、コブダイのフカセ仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

コブダイとは

コブダイはベラの仲間です。

ベラの中で最大級に成長する種類です。

コブダイのフカセ仕掛けと釣り方・エサ

コブダイ最大の特徴は、名前のとおり頭にある大きなコブです。

小型の間は、コブはまだ目立ちません。

大きくなるにつれて、コブが目立つようになります。

アゴも発達していきます。


コブダイは10Kg超える個体もいます。

大きいだけに、パワーは桁違いです。

コブダイがエサに喰いつくと、強烈な引きで抵抗します。

スポンサーリンク

コブダイのフカセ仕掛け

コブダイのフカセ仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

コブダイのフカセ仕掛けと釣り方・エサ

竿

竿は4号の磯竿を使います。

長さは5mほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは4500~5000番がおすすめです。

道糸

道糸はナイロンの6号を使います。

ウキ

ウキは円錐ウキの5Bを使います。

カン付きです。

ハリス

ハリスはフロロカーボンの6号を使います。

長さは1.5mです。

オモリ

オモリはガン玉を使います。

4Bがおすすめです。

状況によって、重さは変わることがあります。

針は伊勢尼の11~12号を使います。

1本針です。

コブダイのフカセ釣りのポイント

コブダイのフカセ釣りのポイントについてご紹介します。

コブダイは波止から狙うのがおすすめです。

波止際や敷石付近、テトラなどの障害物周辺が好ポイントです。

波止際を狙う場合は、際から1m以内底から50cmまでの範囲を狙うとよいです。

基本的にキャストする必要はありません。

からでも狙え、シモリ周辺などが狙い目です。


コブダイはいろいろな場所で釣れます。

ただ、実績のある釣り場で釣るのが間違いありません。

コブダイのフカセ釣りのエサ

コブダイのフカセ釣りのエサについてご紹介します。

サシエはオキアミを使います。

生だけでなくボイルも使われます。

サイズは大きめがよいです。

房掛けなどにします。


コマセは、オキアミチヌ用の配合エサを混ぜて使います。

グレ用の配合エサでも問題ありませんが、深場狙いの際は比重の重いチヌ用がおすすめです。

浅場ではオキアミだけでもOKです。

コブダイのフカセでの釣り方

コブダイのフカセでの釣り方についてご紹介します。

仕掛けの準備をする前にコマセを撒きます。

釣り座の半径15mほどの範囲にコマセを撒いていきます。

事前にコマセを撒くことでコブダイを寄せておきます。


仕掛けの準備が終われば、釣り始めます。

まず、ポイントの潮上にコマセを撒きます。

その少し潮下に仕掛けを投入します。

基本的には、コマセとサシエを同調させて潮に乗せて流します。

ポイントを外れれば、仕掛けを回収して打ち直します。


テトラなどの障害物周辺にコマセを撒いて、コブダイをおびき出して狙ってもよいです。

この場合は、障害物に沿って仕掛けを流していきます。


ウキが海中に沈めばアタリです。

アタリがあっても、早合わせせずにしっかり喰い込ませてから合わせます。

針掛かりすれば、走り出したり、引き込んだりします。

このような場合はひたすら耐えるしかありません。

緩めば、ポンピングで浮かせにかかります。

無理は禁物です。

最後は網ですくいます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事