コブダイという名前の魚を聞いたことがある人がいるかもしれません。

見た目に関しては、非常にインパクトのある大型魚です。

意外と身近な場所で釣ることができます。

ここでは、コブダイ釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

コブダイとは

コブダイはスズキ目ベラ科コブダイ属に分類される魚です。

寒鯛(カンダイ)とも呼ばれます。

呼び名の由来は、低水温に強く、寒い時期に旬を迎えるためであると言われています。

11~2月頃に食べるとおいしいです。

鯛という文字は付きますが、ベラの一種です。

コブダイ釣りの時期・時間帯

コブダイは北海道~九州までの沿岸に生息しています。

潮通しがよくて水深のある堤防などでよく見られます。

ただし、瀬戸内海や九州などの西日本に多いです。

特に、愛媛県広島県が有名です。


1mを超える個体もいる大型魚です。

ベラの仲間としては最大級です。

頭部には大きなコブを持っています。

小型の間はそれほどコブは目立ちませんが、50cmを超えるとコブが張り出してきます。

貝類や甲殻類などを捕食します。

産卵期は春頃です。

スポンサーリンク

コブダイ釣りの時期のおすすめ

コブダイ釣りの時期のおすすめについてご紹介します。

コブダイ釣りは年間を通して釣ることができます。

ただし、夏~秋がおすすめの時期です。

この時期に釣りに行くと、数釣りが楽しめます。

よい日に当たれば、2ケタ釣れることもあります。

もちろん、大型が喰ってくることもあります。


コブダイは低水温に強いので、寒い時期にも狙うことができます。

冬~春にかけて釣れる水温の低い時期のコブダイはおいしいです。

食べること重視で釣りに行くのなら、この時期です。

コブダイ釣りの時間帯のおすすめ

コブダイ釣りの時間帯のおすすめについてご紹介します。

コブダイは昼行性の魚です。

そのため、明るい時間がよく釣れます。

夜明けから日没までの時間帯に釣りに行くとよいです。

他の魚と違って、朝夕マズメがよく釣れるということはありません。


時間帯よりも、潮や水温の方が重要です。

潮が動く時間帯を狙うとよいです。

冬なら、水温の上がる時間帯がおすすめです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事