ワカサギは投げ釣りで狙うことができます。

投げ釣りと言っても、本格的な遠投はしません。

ちょい投げで十分です。

ここでは、ワカサギの投げ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ワカサギの投げ釣り仕掛け

ワカサギの投げ釣り仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ワカサギの投げ釣り仕掛けと釣り方【おかっぱり】

竿

竿はコンパクトロッド万能竿を使います。

オモリ負荷は3~10号がおすすめです。

長さは2.4~3mです。

1~2号の磯竿でもOKです。

リール

リールは小型のスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番がおすすめです。

道糸

道糸はPEの0.8~1号を使います。

PEは感度がよいので、アタリを取りやすいです。

仕掛け

仕掛けは市販のワカサギの投げ用仕掛けを使います。

投げ専用はキャストの際に高切れしないようになっています。

幹糸が太いです。

  • 幹糸:1.5~2号
  • エダス:0.3~0.4号
  • 針:袖または秋田キツネの2.5号

オモリ

オモリは2~5号を使います。

スポンサーリンク

ワカサギのエサと付け方

ワカサギのエサと付け方についてご紹介します。

エサはサシアカムシが定番です。

サシは白と紅の2種類を準備しておきます。

どちらの方がよく釣れるのかはやってみないとわかりません。

最初はサシから使います。

反応がイマイチならアカムシに変えるとよいです。


サシもアカムシもちょん掛けにします。

サシは1匹、アカムシは1~2匹使います。

サシは半分にカットしてもOKです。

ワカサギの投げ釣り仕掛けと釣り方【おかっぱり】

ワカサギの投げ釣りの釣り方

ワカサギの投げ釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、沖の方へ仕掛けをキャストします。

オモリが底に着くまで待ちます。

基本的には沖から探ってきます。

仕掛けを1~2m移動させては止めます。

ズル引きすると、根掛する恐れがあります。

根掛かりが心配な場合は、竿を軽くあおり、仕掛けを30cmほど持ち上げて移動させるとよいです。


軽いオモリを使うと、仕掛けがふわっと上がってゆっくり沈みます。

ワカサギに対するアピール力が高まります。


穂先にコンコンというアタリがあったり、喰い上げるアタリがあります。

アタリがあれば、軽く合わせます。

針掛かりすればゆっくり巻いてきます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事