マダイ釣りと言えば、オフショアからの釣りのイメージが強いです。

しかし、ショアからでも釣ることができます。

しかも、ジギングで狙えます。

ここでは、マダイのショアジギングタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

マダイをショアから狙うのにおすすめの時期は?

マダイは、ショアからでも釣ることができます。

マダイのショアジギングタックルと釣り方

もっともおすすめの時期はです。

それには理由があります。

春と言えば、マダイの産卵の時期(乗っ込みの時期)です。

マダイは産卵を浅場で行います。

そのため、普段は深場にいるマダイが浅場に移動するのです。

浅場であれば、ショアからでも狙うことができます。

さらに、マダイは産卵前に荒喰いするので非常に釣りやすいです。

大型が釣れる確率も高くなります。


春ほどではありませんが、も狙えます。

秋になると、マダイが小魚を追って浅場にやって来ることがあります。

スポンサーリンク

マダイのショアジギングのタックル

マダイのショアジギングのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

サゴシ(サワラ)のショアジギングタックルと釣り方

ロッド

ロッドはショアジギングロッドを使います。

60gまでのジグに対応したものがおすすめです。

ただし、使用するジグの重さに合ったものを選ぶとよいです。

シーバスロッドでもOKです。

長さは9~10フィートです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは3000~3500番が釣りやすいです。

ジグを速く巻くのが楽なハイギアモデルがおすすめです。

ライン

ラインはPEの1.2~1.5号を使います。

300mほど巻いておきます。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの6~8号を使います。

長さは1.5m前後です。

ジグ

ジグは20~40g前後をメインに使います。

ただし、潮が速いいポイントでは60g前後を使うこともあります。

カラーはピンクやブルー、ゴールドなどが人気です。

暗い時間帯はグローがおすすめです。

フック

フックはフロントとリアにセットします。

フロントはダブルフックか、シングルフックがおすすめです。

リアはトレブルフックか、シングルフックがよいです。

根掛かりが多いポイントではリアをなしにします。

マダイのショアジギングの釣り場

マダイのショアジギングの釣り場についてご紹介します。

マダイは堤防や磯、サーフなどいろいろな場所から狙うことができます。

釣りやすさや難易度から言うと、堤防がもっともおすすめです。

堤防は足場がよく、比較的障害物が少ないのでバレにくいです。


では、どのような堤防でもよいのでしょうか?

いくつか条件があります。

水深が深い

堤防周辺の水深は深い方がよいです。

マダイは、底付近にいることの多い魚であるためです。

特に、良型を狙うのなら、水深10mほどあるような堤防がおすすめです。

潮通しがよい

マダイは潮に乗って回遊しています。

そのため、潮通しのよい堤防を探します。

潮通しがよくないと、マダイがやって来ない可能性もあります。

ベイトがいる

ベイトの有無も非常に重要です。

ベイトがいない堤防には、マダイは回遊してきません。

もしベイトがいるのなら、ベイトの種類を把握しなければなりません。

春はイカナゴの時期です。

イカナゴが回遊している堤防は期待大です。

マダイのショアジギングのポイント

マダイのショアジギングのポイントについてご紹介します。

上で述べましたが、マダイのショアジギングには堤防がおすすめです。

ここでは、堤防でおすすめのポイントについてご紹介します。


マダイのショアジギングにおいては、地形の変化のあるポイントを狙うのが鉄則です。

カケアガリが好ポイントです。

他にも、シモリや岩礁などの障害物周辺も狙い目です。


潮の変化のあるポイントも期待できます。

潮がヨレているポイント潮目を見つければ狙うようにします。

マダイのショアジギングの釣り方

マダイのショアジギングの釣り方についてご紹介します。

まず、ジグを遠投します。

ジグを底まで沈めます。

マダイは底付近にいるので、底付近を中心に狙います。

基本的にはただ巻きで誘います。

マダイを狙う場合は、ガンガンシャクる必要はありません。

むしろ、シャクり過ぎない方がよいです。

巻く速さはやや速めがおすすめですが、マダイの反応をみて調整します。

途中でフォールを入れると効果的です。

トゥイッチもおすすめです。


また、リフト&フォールでも狙えます。

ジグをシャクり上げて、フォールで底まで沈めます。

これを繰り返して、底付近を誘ってきます。


アタリがあれば合わせます。

フッキングすれば、一定の速さで巻いてきます。

良型の場合は、無理は禁物です。

マダイのイカナゴパターンで有効な釣り方は?

マダイをイカナゴパターンで狙う場合は、5~14gといった軽量のジグを使います。

ジグが軽いので、硬めのメバリングロッドエギングロッドがおすすめです。

釣り方はシンプルです。

ジグを底まで沈め、2~3回ちょんちょんとシャクリを入れてフォールさせます。

フォール時は、ラインを張らず緩めずの状態にします。

アタリはフォール中に多いです。

コツンとくるのですぐにわかります。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事