おかっぱりからルアーでマダイを釣ることができます。

ジグで狙われることが多いですが、ワームでも狙えます。

良型のマダイが喰ってくることもあります。

ワームは、マダイの活性があまり高くない時に威力発揮します。

ジグでは喰わない時にやってみるとよいです。

ここでは、マダイのワーム釣りタックルと釣り方についてご紹介します。

※ショアレッドとはおかっぱりから釣るマダイのことです。

スポンサーリンク

マダイのワーム釣りの時期

マダイのワーム釣りの時期についてご紹介します。

おかっぱりからマダイを狙うのにおすすめの時期はです。

春はマダイの産卵の時期(乗っ込み)です。

マダイは産卵のため、浅場へ移動します。

そのため、おかっぱりからでも良型のマダイを狙いやすいです。

秋もマダイを釣りやすいです。

マダイのワーム釣りタックルと釣り方
スポンサーリンク

マダイのワーム釣りの時間帯

マダイのワーム釣りの時間帯についてご紹介します。

もっともおすすめの時間帯は朝夕マズメです。

マダイの活性が高いためです。

それ以外の時間帯でも、昼夜を問わず釣れます。

ワーム釣りは日中の方が釣りやすいです。

初心者は朝マズメから釣りに行くとよいです。

マダイのワーム釣りのタックル

マダイのワーム釣りのタックルについてご紹介します。

タックルは、よく釣れる40~50cm前後のマダイに対応するもので臨むとよいです。


タックルは次のとおりです。

マダイのワーム釣りタックルと釣り方

ロッド

ロッドはチニングロッドショアジギングロッドを使います。

10g前後までの重さに対応しているものがおすすめです。

長さは8フィートほどです。

リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2000~2500番がおすすめです。

ライン

ラインはPEの0.8号を使います。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの8lbを使います。

ジグヘッド

ジグヘッドは5~10gのものを使います。

ワーム

ワームは1.5~2.5インチのものを使います。

マダイは小さめの方が反応がよいことが多いです。

カーリーテールがおすすめです。

明かりの届かない深いポイントではシュリンプカラーが効果的です。

常夜灯の明かりで明るいポイントはラメ入りがよいです。

マダイのワーム釣りのポイント

マダイのワーム釣りのポイントについてご紹介します。

マダイは堤防や磯などで釣ることができます。

足場のよい堤防が釣りやすいのでおすすめです。

次のような堤防で釣るとよいです。

  • 潮通しがよい
  • 水深がある程度深い
  • 底は岩が点在する砂地
  • 常夜灯周辺(夜釣りのみ)

ベイトの存在も重要です。

ベイトがいれば、かなり期待できます。

実績のある釣り場に釣りに行くのが間違いありません。

マダイのワーム釣りの釣り方

マダイのワーム釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、ワームを狙ったポイントへキャストします。

底まで沈めます。

着底後誘い始めます。


おすすめの誘い方は2つあります。

1つ目はただ巻きです。

巻く速さはいろいろ試してみるとよいです。

ただ巻きの途中でフォールを入れると効果的です。

フリーフォールでもカーブフォールでも構いません。

ただし、カーブフォールは根掛することが多いので注意が必要です。

マダイがどのレンジにいるのかを探りながら釣ります。

レンジがわかれば、そのレンジを集中的に狙うとよいです。


2つ目はリフト&フォールです。

底付近を中心に狙うのに適しています。

ロッドをシャクり上げて、ワームを持ち上げます。

その後、ロッドを下げてワームを沈めます。

フォール時に喰ってくることが多いです。

これを繰り返します。


アタリがあれば、即合わせします。

フッキングしたら、無理をしないようにします。

ドラグを使ってうまくやり取りするとよいです。

最後は網ですくいます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事