冬のサーフは、ヒラメ釣りには厳しいというイメージがあります。

ヒラメの活性が低く、風も強いです。

しかし、この時期でもきちんと狙えば釣ることができます。

しかも、寒ヒラメと呼ばれる脂の乗った良型のヒラメが釣れます。

スポンサーリンク

冬のサーフのヒラメ釣りで攻略法

冬のサーフのヒラメ釣りの攻略法についてご紹介します。

冬のサーフのヒラメ釣りを攻略する上で重要なのは、機動力遠投力です。

この時期は、とにかく広範囲を探っていきます。

そのためには、機動力を備えていないといけません。

身軽に動ける服装装備が重要です。


冬のサーフは予想以上に寒いものです。

きちんとした防寒対策を講じていないと高い集中力を維持できません。


沖の方まで広く探るには、当然遠投力が必要となってきます。

そのためには、タックルに気をつけないといけません。

特に、ロッドルアーに注意が必要です。

【ヒラメ釣り】冬のサーフの攻略法!ルアーやポイントなどは?
スポンサーリンク

冬のサーフのヒラメ釣りのタックル

冬のサーフのヒラメ釣りのタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

   【ヒラメ釣り】冬のサーフの攻略法!ルアーやポイントなどは?

ロッド

ロッドは、11フィート前後のヒラメ用ロッドを使います。

長めの方が飛距離が出やすいです。

ジグで細かにアクションさせて釣るスタイルなら、操作性重視のファーストテーパーがよいです。

ミノージグヘッド&ワームを巻いてきて喰わせるスタイルなら、喰い込み重視のレギュラーテーパーがおすすめです。


リール

リールは3000~4000番のスピニングリールを使います。

糸フケやラインを効率よく巻き取れるハイギアモデルがおすすめです。


ライン

ラインはPEの1.2号を使います。

これぐらいの太さがあれば、大型が喰ってきても問題ありません。

あまり太くしすぎると、飛距離が落ちてしまいます。


リーダー

リーダーはナイロンの5号を使います。

ナイロンは伸びるので、ヒラメが暴れてもバレる可能性が低くなります。

長さは2ヒロです。


ルアー

ルアーはジグ・ヘビーウェイトミノー・ジグヘッドリグを使います。

もちろん、これ以外のルアーでもよいですが、この3つがおすすめです。


ジグ

ジグは飛距離が出て、キビキビしたアクション・フォールなどで誘うことができます。

広範囲を手早く探るのに適しています。

20~40gのジグを風や水深によって使い分けます。

フォールやスローフォールに適したタイプなどがあります。


ヘビーウェイトミノー

ヘビーウェイトミノーは20~28gの重さを使います。

ジグに比べると飛距離は落ちますが、一定のレンジを攻めやすいです。

独特のアクションでヒラメにアピールできます。


ジグヘッドリグ

ジグヘッドは、フラットフィッシュ専用のジグヘッド&ワームを使います。

ジグヘッドの重さは20~28gです。

ソフトルアーは喰い込みがよく、スローに引けます。


冬のサーフのヒラメ釣りのポイント

冬のサーフのヒラメ釣りのポイントについてご紹介します。

大型のヒラメが浅瀬にエサを追ってやって来ることもあります。

冬に狙うべきは、潮流・地形変化・ベイトの3つの条件を満たしたサーフです。


この時期は、北風の影響で釣りができないことが多いです。

ただし、すべてのサーフが強風で海が荒れているわけではありません。

地形によっては、風が穏やかな場所があります。

このような場所では釣りやすい上に、ベイトが入ってくることがあります。

特に、冬はよい釣り場を探すことが重要です。

冬のサーフのヒラメ釣りの釣り方

冬のサーフのヒラメ釣りの釣り方についてご紹介します。

この時期の釣りは、とにかく狙ったポイントを丁寧に探っていくことが重要です。

少しずつ移動しながら、細かく攻めていきます。


始めに、ジグをフルキャストします。

なるべく遠くから探ります。

着底後、ただ巻きで10mほど引いてきてテンションフォールさせます。

ヒラメが追撃してくることがあるので、目の前までしっかり誘ってきます。

これを繰り返します。

その後、ヘビーウェイトミノー・ジグヘッドリグも同じように誘ってきます。

ジグと同じコースを引いてきます。

沈下速度がそれぞれ異なるので、常に底を意識して巻く速度を調整します。

同じコースを異なる速度・異なる動きで引いてくることによって、ヒラメへのアピールに変化をつけることができます。


3つのルアーを引いてきてもアタリがなければ、少しだけ横へ移動します。

これを繰り返すことで、狙ったポイントを細かく探っていくことができます。

冬はこれを徹底しないと、なかなかヒラメに喰わせることはできません。


アタリがあれば、しっかりと合わせを入れます。

波打ち際まで寄せてくれば、寄せ波に乗せてズリ上げます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事