相模湾ではブリの若魚であるイナダをターゲットとした釣りが人気です。

イナダは沿岸の広範囲で見られ、水深30~50mほどで釣れています。

他にもカンパチやマダイなども狙えます。

釣り方は、主に2つあります。

天秤仕掛けと食わせサビキ(落とし込み)仕掛けを使った釣り方です。

それぞれについて解説していきます。

スポンサーリンク

イナダ五目釣りの天秤仕掛け

イナダ五目釣りの天秤仕掛けについてご紹介します。

イナダ五目釣りの定番の釣り方です。

仕掛けは次のとおりです。

イナダ五目釣りの仕掛けと釣り方

竿

竿は、7:3調子でオモリ負荷30~80号のゲームロッドを使います。

長さは2m前後です。


リール

リールは小型の電動リールか、小~中型の両軸リールを使います。


道糸

道糸はPEの1.5~4号を使います。

ライトタックルを使う場合は2号以下を使います。


天秤

天秤は片天秤を使います。

腕長は30cm前後です。


クッションゴム

クッションゴムの径は2~2.5mm、長さは50cm前後です。


コマセカゴ

コマセカゴはサニーカゴがおすすめです。

サイズはFL以下です。


オモリ

オモリは60号前後を使います。

ライトタックルを使う場合は30~40号です。

船によって指定されることが多いです。


ハリス

ハリスはフロロカーボンの4~5号を使います。

全長は2.5~3mです。

エダスは30cm前後です。




針は、グレ9~11号ヒラマサ10~12号を使います。

2~3本針です。

スポンサーリンク

天秤仕掛けを使った釣り方

天秤仕掛けを使った釣り方についてご紹介します。

エサは、オキアミイカタンが使われます。

ウイリー仕掛けなどエサなしで釣る場合もあります。

イナダ五目釣りの仕掛けと釣り方

準備ができれば、仕掛けを指示ダナ(下限)+ハリス分沈めていきます。

沈めば、軽くシャクッてコマセを撒いて2~3秒止めます。

アタリがなければ、少し巻き上げてコマセを撒きます。

これを繰り返します。

指示ダナの上限まで上がってくれば、1度仕掛けを回収します。

コマセを入れて再度沈めます。


竿先がモゾモゾしたり、引き込まれればアタリです。

止めている時に喰ってくることが多いです。

アタリがあれば、竿を立てて合わせます。

針掛かりすれば、できるだけ早く巻き上げます。

走られてしまうとオマツリの原因となるためです。

イナダ五目釣りの食わせサビキ仕掛け

イナダ五目釣りの食わせサビキ仕掛けについてご紹介します。

食わせサビキは、始めにイワシなどのベイトを針に掛けて、そのまま深場に落とし込んでイナダなどの大型魚を狙う釣りです。

ヒラメやハタ類が釣れることもあります。


仕掛けは次のとおりです。

イナダ五目釣りの仕掛けと釣り方
竿やリールなど天秤仕掛けと同じものは省略します。


幹糸

幹糸は、フロロカーボンの8~12号を使います。


エダス

エダスはフロロカーボンの8号前後です。

太すぎると、ベイトが喰ってくれないので注意が必要です。

長さは7~10cmです。

エダスの間隔は30~40cmです。




針は食わせ胴打7号前後です。

これ以上大きいとベイトの喰いが悪くなります。

サバ皮ハゲ皮付きです。

4~5本針です。


オモリ

オモリは40~60号です。

船で決められていることが多いです。

食わせサビキ仕掛けを使った釣り方

食わせサビキ仕掛けを使った釣り方についてご紹介します。

船長からベイトがいるタナのアナウンスがあります。

まず、指示タナの上限まで沈めて止めます。

軽くシャクッてコマセを撒きます。

そのまま5秒ほどアタリを待ちます。

アタリがなければ、2~3m沈めます。

再びコマセを撒いて、アタリを待ちます。

これを繰り返します。

指示ダナの下限まで沈めれば、今度は巻き上げていきます。

2~3m上げてはコマセを撒きます。

これを何回か繰り返した後、ベイトが掛っていなければ仕掛けを回収します。


ベイトが掛れば、竿先にコンコンというアタリが出ます。

このようなアタリがあれば、仕掛けをゆっくり沈めます。

イナダは指示ダナの下限にいることが多いです。

ヒラメやハタ類を狙いたいのなら、ベタ底を狙うとよいです。

ただ、根掛かりには注意が必要です。

タナまで沈めば、そのままアタリを待ちます。


ベイトが暴れ出せば、大型魚が近寄ってきた可能性が高いです。

竿先が跳ねるようなアタリがあっても我慢です。

強く引き込まれるまで待ちます。

引き込まれれば、竿を立てて合わせます。

走らせるとオマツリのリスクが高まります。

できるだけ素早く巻き上げます。

念のため、網ですくうようにします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事