食べておいしい、釣っても面白いハマチ釣りが人気です。

ジギングの定番のターゲットです。

ハマチでも十分に引きを楽しむことができます。

ここでは、ハマチジギングの仕掛け(タックル)と釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハマチジギングの仕掛け

ハマチジギングの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ジギングのタチウオパターンで狙う青物仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはジギングロッドを使います。

バットパワーのあるものがおすすめです。

適合ルアーウェイトはMAX150~200gまでのものを選びます。

使用するウェイトによって変わってきます。

長さは6フィートほどが使いやすいです。


リール

リールは中型のベイトリールを使います。

ベイトリールはパワーがあって、手返しが早いのでおすすめです。

スピニングリールを使ってもOKです。


ライン

ラインはPEの2~3号を使います。

300mほど巻いておくと安心です。


リーダー

リーダーはフロロカーボンの7~8号を使います。


ジグ

ジグの重さは、150~200gを中心に使います。

イワシカラーやピンク系、ゴールド系などがおすすめです。

タチウオが釣れる時期にはタチウオパターンで狙うとよいです。

シルバー系のロングジグを用意しておきます。

釣に行く場所やその日の状況によっても変わります。


フック

フックはフロントとリアに付けます。

フロントフックはタンデム、リアフックはデュアルがスタンダードです。

リアフックを付けると、フッキング率が上がります。

ただし、根掛かりの多いポイントでは付けない方が無難です。

サイズは#2/0~#3/0がおすすめです。

スポンサーリンク

ハマチジギングの釣り方とコツ

ハマチジギングの釣り方とコツについてご紹介します。

ハマチジギングの仕掛け(タックル)と釣り方
まず、ジグを底まで沈めます。

船長から指示があった場合は、そのタナまで沈めていきます。

中層で喰ってくることもあります。

沈めば、誘い始めます。

基本的な誘い方はワンピッチジャークです。

少し速めに誘うとよいです。

ハマチサイズは速い動きに好反応を示します。

一方のブリは、ゆっくり~普通の速さで誘いをかけると効果的です。

ロングジャークが有効です。

ジグが中層まで上がれば、再度沈めます。

これを繰り返します。


底付近はゆっくり巻き上げて、中層は速めに誘う方法はおすすめです。

そのようにすれば、底付近にいるロックフィッシュも狙えます。


アタリがなければ、シャクリを大きめにしてフォールを長めに取るなど、いろいろ工夫するとよいです。

フォールをうまく活用することで釣果が伸びることがあります。

ジグの重さやカラーの変更も効果的です。


アタリがあれば、すぐに合わせて、しっかりフッキングさせます。

喰い上げの場合は、ラインがピンと張るまで巻いてから合わせを入れます。

あとは、無理をしないように巻き上げます。

ラインのテンションが緩まないように注意します。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事