サーフアジングの注目度が上がっています。

釣り番組などで紹介されることが増えています。

ここでは、サーフアジングの仕掛けと釣り方、時期についてご紹介します。

スポンサーリンク

サーフアジングとは

サーフアジングとは、文字どおりサーフで行うアジングのことです。

サーフとは、砂浜のことです。

サーフでの釣りと言えば、キス釣りが有名です。

しかし、サーフからアジングも行うことができます。

ただ、どのようなサーフからでも行えるわけではありません。

重要なのは水深です。

目の前から深くなっている急深サーフでないと厳しいかもしれません。

それ以上に重要なのは過去の実績です。

例年、サーフアジングを楽しめているかどうかが大きな判断材料となります。

そのようなサーフを探して釣りに行くとよいです。

スポンサーリンク

サーフアジングの時期

サーフアジングの時期についてご紹介します。

サーフアジングは年間を通して行うことができます。

夏から秋がよく釣れます。

大型狙いなら、秋から冬がおすすめです。

寒いですが、12~2月に釣りに行くとよいです。

ただし、釣り場や年によって異なります。

事前に情報を入手してから行くとよいでしょう。

サーフアジングの仕掛けと釣り方!時期は? 

サーフアジングは西湘エリアが人気!

サーフアジングで人気の高い場所として、西湘エリアを挙げることができます。

西湘エリアは、神奈川県に位置する広大なサーフとなっています。

中でも、国府津海岸は急深サーフで、ハマチなどの青物やキスなどが狙える人気の釣り場です。

最近は、尺アジが釣れるとアジングファンの間で有名です。

時期にもよりますが、釣れると大型ばかりという時もあります。

尺アジを釣りたいのなら、行ってみる価値はあります。

サーフアジングの仕掛け

サーフアジングの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ルアー釣りの仕掛けと釣り方・やり方【初心者必見】

フロートリグ
アジングのフロートリグ仕掛けと使い方

ロッド

ロッドは、アジンロッドメバリングロッドを使います。

ジグやフロートを使用する際は、適合ルアーウェイトに注意が必要です。

最低でも10gには対応していないと厳しいです。

重めのジグやフロートを使うのなら、エギングロッドシーバスロッドがおすすめです。

長さは6~8フィートです。

遠投する場合は長めの方がよいです。


リール

リールはスピニングリールを使います。

サイズは2500番がおすすめです。


ライン

ラインは、PEの0.4~0.6号を使います。


リーダー

リーダーはフロロカーボンの1.5~1.75号を使います。

長さは1m前後です。


フロート

フロートの重さは、5~20gを使います。

状況に応じて重さを変えます。

フローティングタイプがおすすめです。


ジグヘッド

ジグヘッドの重さは、0.2~1.5gを使います。

フロートを使う場合は軽めでよいです。


ワーム

ワームのサイズは2~3インチを使います。

カラーはグロー系やクリア系、チャート系が人気です。


ジグ

ジグの重さは5~15gを使います。

主に明るい時間帯におすすめです。

プラグを使ってもOKです。


サーフアジングの釣り方

サーフアジングの釣り方についてご紹介します。

明るい時間帯は、アジは沖の深場にいます。

暗くなると、沿岸に寄ってきてエサを捕食します。

常夜灯周辺や川が流れ込む汽水域は絶好のポイントです。

上げ潮のタイミングが狙い目です。


夕マズメでは、まずジグで素早い誘いに反応してくる活性の高いアジを狙います。

少し速めのただ巻きでジグを引いてきます。

シャクりながら巻いてきてもよいです。

引いてくるレンジに注意します。

ジグが浮いてくれば、フォールで沈めます。


暗くなると、アジは接岸してくるだけでなく、浮いてくることが多いです。

アジの警戒心も薄れるので釣りやすくなります。


夜は、ジグヘッド&ワームで狙うのが人気です。

着水後、表層をゆっくり引いてきます。

一定の速さで引き続けてもよいですが、スピードを変えたり、止めたりしながら引いてきてもよいです。

少し速めに巻いた方がよいこともあります。

フロートリグで飛距離を出して、少し離れたポイントを狙うのも効果的です。

できる限りリールを巻かず、払い出す流れに乗せてフロートリグを流していってもOKです。


アタリがあれば、すぐに合わせます。

フッキングすれば、ロッドを立ててロッドのしなりを使ってやり取りします。

無理は禁物です。

最後は、寄せ波を利用して岸に引き上げます。


表層をゆっくり引いてくることができるプラグもおすすめです。

ナチュラルなアクションで誘うとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事