アジングと言えば、基本的には軽いジグヘッドに小さなワームを使って釣ります。

そのため、遠投ができないので飛距離が出ません。

これでは、遠くのポイントを攻めることができません。

そこで、生み出されたのがフロートリグです。

ここでは、アジングのフロートリグ仕掛けと使い方についてご紹介します。

スポンサーリンク

フロートリグとは

フロートリグとは、フロート(ウキ)を使った仕掛けのことです。

フロートを使うことで、軽い仕掛けを遠くまで飛ばすことができます。

アジングのフロートリグ仕掛け

ジグヘッドを重くすれば、簡単に飛距離が出るようになります。

しかし、重いジグヘッドは速く沈むので、アジの喰いが悪くなってしまいます。

これでは、いくら遠くのポイントを攻めることができても意味がありません。

フロートリグなら、ジグヘッドは軽いままで、フロートの重さで遠投が可能となります。

軽いジグヘッドはゆっくり沈むので喰いは落ちません。


よいことばかりのフロートリグですが、風に弱いです。

風が強いと、フロートが流されてしまいます。

スポンサーリンク

アジングのフロートリグの使い方

アジングのフロートリグの使い方についてご紹介します。

フロートの取り付け方は2つあります。

Fシステム中通し式です。

最近は、Fシステムの方が多いかもしれません。

Fシステムの方が、飛距離が出て感度がよいというメリットがあります。

どちらでも問題はありません。


フロートは次のように付けます。

上図がFシステム、下図が中通し式です。

アジングのフロートリグ仕掛け

アジングのフロートリグ仕掛け

アジングのフロートリグの仕掛け

アジングのフロートリグの仕掛けについてご紹介します。

ロッド

ロッドは、エギングロッドシーバスロッドがおすすめです。

フロートは意外と重いので、普通のアジングロッドでは厳しいです。

適合ルアーウェイトが20~30gのものがよいです。

フロートの重さによっては、メバリングロッドでも使えます。

長さは、7~8フィートが使いやすいです。


リール

リールは、キャストするのでスピニングリールがおすすめです。

サイズは、2000~3000番を使います。


ライン

ラインは、PEの0.3~0.6号を使います。

高比重のPEを使ってもよいです。

仕掛けが浮かなくなります。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの1~1.5号を使います。

長さは、0.5~1.5mでよいです。


フロート

フロートの重さは、5~20gを使います。

状況によっては、それ以上の重さを使うこともあります。

タイプについては、シンキングフローティングの2つがあります。

狙うレンジによって使い分けます。


ジグヘッド

ジグヘッドの重さは、0.4~0.8gを使います。

抜き上げ時のバラシを減らしたければ、同じ重さでフックの大きいものを選びます。


ワーム

ワームのサイズは、1.5~3インチを使います。

2.5インチから始めてみるとよいです。

グロー系クリア系がおすすめです。

アジングのフロートリグの釣り方

アジングのフロートリグの釣り方についてご紹介します。

堤防や漁港からの釣りがおすすめです。

常夜灯周辺潮目などが狙い目です。

潮の流れに変化が生じていそうなポイントを探します。

特に何も見つからなければ、できる限り遠くキャストすればよいです。


はじめに、狙ったポイントへキャストします。

着水後、少し待ってからゆっくり巻いてきます。

基本的には、ただ巻きでよいです。

ずっと巻き続けるのではなく、適度に巻いた後止めます。

たまに穂先を上下させてシャクッてやります。

ラインを張ったり、緩めたりするのも効果的です。


潮が速い時などは、巻くと仕掛けが浮いてしまいます。

このような場合は、ラインを張った状態で、仕掛けを潮の流れで流してやる(ドリフト[/color]とよいです。

たまにシャクリを入れます。

潮がそれほど速くなくても有効な場合があります。


当たりがあれば軽く合わせます。

ロッドを水平に引くような感じで合わせるとよいです。

違和感があれば、積極的に合わせていきます。


当たりがなければ、ワームのカラーをチェンジします。

月のない闇夜にはグロー系がおすすめです。

逆に、常夜灯などの光がある場所ではクリア系がおすすめです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事