軽く投げて近くにいる魚を狙うちょい投げ釣り。

キスやハゼ、カレイなどがよく狙われます。

初心者でも気軽にできるので人気の高い釣りです。

ここでは、ちょい投げ釣りで使うリールの番手・ギア比などの選び方について解説します。

ダイワなどのおすすめのリールについてもご紹介します。

スポンサーリンク

ちょい投げ釣りで使うリールの種類

ちょい投げ釣りで使うリールの種類についてご紹介します。

リールには、大きく分けるとスピニングリールとベイトリールがあります。

ちょい投げ釣りに適しているのはスピニングリールです。

バックラッシュといったトラブルが少なく、比較的簡単に投げることができるためです。

バックラッシュとは、投げる際に道糸がスプール上で絡まってしまうことです。

特に、初心者におすすめです。

一方のベイトリールと言えば、バックラッシュするのが最大のネックになります。

絡みがひどいと、元に戻すことは難しく、その後使用することができなくなってしまいます。

ベイトリールには、巻上力が強いなどのメリットがあります。


もちろん、ベイトリールでもちょい投げはできます。

しかし、特別な理由がないのならスピニングリールを選んだ方が無難です。

ここからは、スピニングリールの選び方についてみていきます。

ちょい投げリールのおすすめ!番手は?
スポンサーリンク

ちょい投げ釣りで使うリールの番手の選び方

ちょい投げ釣りで使うリールの番手の選び方についてご紹介します。

リールの番手によって、巻ける道糸の量が変わってきます。

そのため、使う道糸の号数と巻く量によってリールの番手を選ぶようにします。

ちょい投げでは、ナイロンの2~3号がよく使われます。

100~200mほど巻いておきます。


基本的には2000~3000番のリールを選ぶとよいです。

特に、2500番3000番がおすすめです。


ただし、気をつけたいことがあります。

浅溝(シャロー)モデルと呼ばれるスプールが浅いものがあります。

スプールとは道糸を巻き取るところです。

スプールが浅いということは、道糸を巻ける量が少ないということです。

巻きたいと思っている量が巻けないと使いものになりません。

浅溝モデルは避けます。

購入前に、巻ける量を確認しておくと間違いありません。

ちょい投げ釣りで使うリールのギア比の選び方

ちょい投げ釣りで使うリールのギア比の選び方についてご紹介します。

ギア比によって、何が変わるのかを説明します。

変わるのはハンドルを1回転させた時に巻き取れる量です。

巻き取れる量が多いと、仕掛けを早く回収することができます。

もちろん、誘いをかけた際も、仕掛けを早く引くことができます。

ジギングなどのルアー釣りは巻いて誘うことが多いので、ギア比は非常に重要です。

しかし、エサ釣りは基本的には誘って喰わせるわけではありませんので、そこまで重要とは言えません。

関係があるのは、仕掛けを回収する際です。


では、ちょい投げにおいてはどのモデルがよいのでしょうか?

おすすめは、ノーマルギアモデルハイギアモデルです。

早く仕掛けを回収したいという人はハイギアモデルを選ぶとよいです。

個人的には、平均的な速さで巻けるノーマルギアでよいと思います。

どちらにするかは好みで選ぶとよいです。


ローギアモデルというものもあります。

こちらは力強く巻き上げることができます。

しかし、ハンドルを1回転させた時に巻き取れる量が少ないです。

そのため、仕掛けの回収などに時間がかかります。

大型魚を狙うのであれば別ですが、小~中型魚であればノーマルギアモデルやハイギアモデルでも十分です。

そのため、ローギアモデルはあまりおすすめしません。

ちょい投げリールのおすすめ(ダイワなど)

ちょい投げリールのおすすめについてご紹介します。

ダイワ レブロス LT2500D

レブロス LT2500Dは、いろいろな釣りに使えるスタンダードモデルです。

堤防などからのちょい投げにも適しています。

軽量化が図られていて非常に使いやすいです。


ダイワ レガリス LT2500D

レガリス LT2500Dは、川から海までさまざまな釣りに対応したリールです。

堤防などからの釣りにおすすめです。

パワフルな巻き上げができるので、ちょい投げ釣りにぴったりです。


ダイワ クレスト LT3000-CXH

クレスト LT3000-CXHは、コンパクトボディのハイギアモデルです。

シーバスなどの中型魚がターゲットの釣りに対応しています。

堤防でのちょい投げなど幅広い釣りで使えます。


シマノ サハラ 2500HGS

サハラ 2500HGSは、初心者から熟練者まで使えるリールです。

耐久性が高くて使いやすいです。

幅広い釣りに使えます。


シマノ アルテグラ 2500

アルテグラ 2500は、巻き・キャスト・耐久性といった基本性能の高いリールです。

18STELLAに採用されているマイクロモジュールギアⅡが搭載されるなど、大幅な進化を遂げました。

ちょい投げなどさまざまな釣りに適しています。


シマノ セドナ C3000

セドナ C3000は、コストパフォーマンスの高いリールです。

操作性が高く、疲れにくいです。

大径ドラグのため、速やかにドラグを調整することができます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事