おかっぱりからのタチウオ釣りと言えば、ワインドと言ってもよいくらい人気が高いです。

ワインドでは、どのようなロッド(竿)を使えばよいのでしょうか?

ここでは、タチウオのワインドロッドの長さなどのおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオのワインドロッドの長さなどの選び方

タチウオのワインドロッドの長さなどの選び方についてご紹介します。

おすすめは、ワインドロッドです。

専用ロッドに勝るものはありません。

タチウオのワインドロッドの長さなどおすすめ

ワインドは、仕掛けをキャストして、シャクりながら巻いてきます。

それをひたすら繰り返します。

そのため、手首や腕への負担はハンパではありません。

専用ロッドは、このような釣り方に最適な作りになっています。

具体的には、グリップ部分が長く作られています。

脇に挟んで、ロッドを固定できるので、かなり釣りやすいです。

グリップ部分が短いロッドは非常に疲れます。

グリップの長さには注意した方がよいです。

長さはロッドによって異なるので、確認してから購入すると間違いありません。


穂先はある程度硬くないと、ダートアクションさせることができません。

ルアーをダートさせるのにぴったりな硬さになっています。

1/4~5/8オンスのルアーを使えるロッドでないと使い物になりません。

ロッド全体の長さは、8~9フィートぐらいが使いやすいです。

短いと、それほど飛距離が出ません。

広範囲を探って釣らなければならないので、ある程度の長さは必要となります。


これらの条件を満たすロッドであれば、他のロッドを流用することは可能です。

よく流用されるのは、エギングロッド(ミディアムライト以上)シーバスロッドです。

ワインドロッドを購入できないという人におすすめです。

1度試してみてください。

金銭的に余裕ができれば、専用ロッドの購入を検討すればよいです。

スポンサーリンク

タチウオのワインドロッドのおすすめ

タチウオのワインドロッドのおすすめについてご紹介しています。

  • ダイワ ワインドX 83M
  • メジャークラフト ソルパラ SPS-772MW
  • メジャークラフト トリプルクロス TCX-832MW


ロッドの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事