高級魚として知られる沖メバル。

そのため、釣り物として非常に人気が高いです。

意外と簡単に釣ることができます。

ここでは、沖メバル釣りの仕掛けと釣り方・エサについてご紹介します。

スポンサーリンク

沖メバルとは

沖メバルとはウスメバルのことです。

クロメバル・シロメバル・アカメバルは浅場で見られますが、ウスメバルは沖の深場にいることから沖メバルと呼ばれています。

赤メバルと呼ぶ地域もあります。

沖メバル釣りの仕掛けと釣り方・エサ

ウスメバルは、スズキ目メバル科に属する魚です。

主に北海道から駿河湾までの太平洋沿岸や日本海沿岸の水深100mほどの岩礁帯に生息しています。

大型メバルで、30cmを超える個体は珍しくはなく、最大で50cmほどに成長します。


卵は産まず、体内で孵化させてから体外へ産出します。

産出の時期は3~6月です。

スポンサーリンク

沖メバル釣りの時期・時間帯

沖メバル釣りの時期・時間帯についてご紹介します。

沖メバルは1~6月頃まで釣れます。

ベストシーズンは3~4月です。

年や地域によって、かなり時期が変わることがあります。


沖での釣りとなりますので、船釣りとなります。

午前中を中心とした日中での釣りをする船が多いです。

そのため、朝マズメが狙い目となります。

沖メバル釣りの仕掛け

沖メバル釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

沖メバル釣りの仕掛けと釣り方・エサ

竿

竿は、オモリ負荷50~80号の船竿を使います。

マダイ竿やヒラメ竿、ゲームロッドなどでOKです。

胴調子のものが釣りやすいです。

先調子のものは、仕掛けが跳ねてしまうので、針がかりしたメバルが逃げてしまうおそれがあります。

150~200号のオモリを使う地域もあります。

その場合は、もう少し硬めの竿を使う必要があります。

長さは2.4~3m前後がおすすめです。


リール

水深100m以上で釣ることが多いので、手返しの早い電動リールが最適です。

ダイワなら、400~500番がおすすめです。


道糸

道糸はPEの3~5号を使います。

高切れしてもよいように、200~300mぐらいは巻いておきたいです。


幹糸

幹糸は、フロロカーボンの5~6号を使います。


ハリス

ハリスはフロロカーボンの3~5号を使います。

長さは20~30cm、間隔は50~80cmのものが最適です。




針は丸セイゴの15号ムツ針の13~15号などを使います。

針の数は5~10本です。

個人的には、タナを広く探れる10本針がよいと思います。


仕掛けは、基本的には市販のものを購入します。

思うような仕掛けが販売されていない場合は自作してもよいです。


オモリ

オモリは80~100号を使います。

海の状況や船によっては、200号ぐらいまで使うことがあります。

事前に確認しておくとよいです。


その他

道糸と幹糸の間に水中ライトを付けることもあります。

沖メバル釣りのエサ

沖メバル釣りのエサについてご紹介します。

エサは、サバの切り身ホタルイカを使います。

サバの切り身は縫い刺し、ホタルイカはちょん掛けにします。

ホタルイカは胴を取り除いて、ワタと足の部分のみを使うこともあります。

他には、イカの短冊オキアミが使われることもあります。

エサの種類を変えると、喰ってくることがあります。

最低でも2種類は用意しておくと無難です。

沖メバルの釣り方

沖メバルの釣り方についてご紹介します。

はじめに、仕掛けを底まで沈めます。

沖メバルは底付近にいます。

1~2mほど底を切っておきます。

底を切っておかないと根がかりします。


基本的には、そのままアタリを待てばよいです。

アタリがなければ、タナを少し上げてもOKです。

ただし、船長からの指示に従います。


カゴを付けて、撒き餌を撒いて釣る方法もあります。

撒き餌は1度にたくさん撒かず、少しずつ撒くようにすると効果的です。

撒き餌が効くと、沖メバルが喰ってきます。

アタリが出たら、撒き餌の量を減らします。


アタリがあっても、合わせは不要です。

すぐには上げずに追い食いさせます。

追い食いのコツは、アタリがあるたびにリールを1回転巻いて、仕掛けをどんどん上げていくことです。

大型のメバルほど上のタナにいます。

沖メバルは、基本的に針に掛かかった時だけ引き込み、その後は比較的大人しくしています。

こうしたことから、引き込んだ回数で、どれくらいのメバルが追い食いしたのか、ある程度予想できます。

予想と異なることも多いですが。


また、追い食いを次のように狙うこともできます。

アタリが大きければ上針に、小さければ下針に、沖メバルが喰いついたと考えることができます。

そのため、アタリが大きければタナを上げ、小さければそのままにしておきます。

あまり粘り過ぎると、針に掛った沖メバルが逃げてしまうおそれがあります。

追い食いを狙うのは、ほどほどにしておくとよいです。


沖メバルは口が弱いです。

そのため、速く巻き上げるとバレてしまいます。

ポンピングもNGです。

ラインのテンションを緩めず、一定の速さで巻き上げます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事