チカとはどのような魚なのでしょうか?

非常においしいこともあって、人気の釣りのターゲットとなっています。

ここでは、チカについて解説すると共に、チカ釣りの時期と時間帯のおすすめについてもご紹介します。

スポンサーリンク

チカとは?ワカサギとの違いは?

チカは、キュウリウオ目キュウリウオ科に属する魚です。

北海道と三陸海岸以北に生息しています。

そのため、北海道や東北以外ではあまり知られていません。

内湾にある漁港や汽水域(河口)で釣られることが多いです。

産卵期は3~5月で、河口で産卵します。
チカ釣りの時期と時間帯のおすすめは?
見た目はワカサギによく似ています。

20cmほどにまで成長します。

ワカサギよりも大きくなります。

そのため、ワカサギでは困難な刺身を食べることも可能です。


チカとワカサギの見分け方は次のとおりです。

見分けるコツは、背びれと腹びれの位置です。

チカは、背びれが腹びれよりもにあります。

逆に、ワカサギは背びれが腹びれよりも後ろにあります。

他にも、上あごの後端の位置が異なっています。

ワカサギの後端の位置は、目の真ん中の下あたりまできています。

チカはそこまでは達していません。


スポンサーリンク

チカ釣りのおすすめの時期

チカ釣りのおすすめの時期についてご紹介します。

チカは、年間を通して釣ることができます。

はよく釣れるのでおすすめです。

産卵期である4~5月11月に釣りに行くとよいです。

寒い時期には、氷上での釣りも可能です。

実績のある釣り場は多くの釣り人で賑わいます。

チカ釣りのおすすめの時間帯

チカ釣りのおすすめの時間帯についてご紹介します。

基本的にはどの時間帯にも釣ることができます。

ただし、朝夕マズメによく釣れることが多いです。

釣りに行く場所や潮回りなどによっても変わります。

これは時期についても同じです。

そのため、最新の情報を入手することをおすすめします。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事