コマセ釣りは万能な釣り方です。

いろいろな魚を釣ることができます。

何が釣れるのかわからないのも大きな魅力の1つです。

ここでは、コマセ五目釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

コマセ五目釣りとは

コマセ五目釣りとは、文字どおりコマセを使う釣法です。

最大の特徴は、釣れる魚種が豊富なことです。

よく釣れる魚は次のとおりです。

  • イサキ
  • マダイ
  • アマダイ
  • イナダ
  • アジ
  • サバ
  • ヒラメ
  • メバル
  • カサゴ

あくまで一例です。

釣りに行く場所や時期などによって、かなり変わることがあります。

コマセ五目釣り仕掛けと釣り方

コマセ五目釣りはコマセで魚を寄せて、サシエを喰わせます。

コマセは適当に撒けばよいというわけではありません。

撒くタナや1度に撒く量などを考えないといけません。

撒き方が釣果に大きな影響を与えることがあります。

シンプルなようで奥の深い釣りです。

スポンサーリンク

コマセ五目釣りの仕掛け

コマセ五目釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

コマセ五目釣り仕掛けと釣り方

竿

竿は、オモリ負荷30~80号のライトゲームロッドを使います。

7:3調子が釣りやすいです。

長さは2m前後です。

これぐらいの長さの方が、取り回しがよく釣りやすいです。

シャクッたり、誘ったりするのに適しています。

リール

リールは小型の電動リールを使います。

ダイワなら200サイズがおすすめです。

道糸

道糸はPEの3号を使います。

天秤

天秤は片天秤を使います。

腕長は30cmです。

コマセカゴ

コマセカゴはFLサイズです。

オモリは60号です。

クッションゴム

クッションゴムは径1.5mm、長さ50cmです。

ハリス・針

ハリスと針は、対象魚によって使い分けます。

目安としては、次のとおりです。

イサキなら、ハリスは1.5号、針はチヌ針の2号です。

五目なら、ハリスは3号、針はチヌ針の3号です。

針の数は1~3本です。

決まりはありませんが、対象魚などによって変わります。

コマセ五目釣りのエサ

コマセ五目釣りのエサについてご紹介します。

サシエはオキアミを使います。

コマセはアミエビを使います。

コマセカゴに8分目ほど入れます。

入れすぎると、出が悪くなります。


コマセカゴは、上窓を1/4ほど開け、下窓は完全に閉めます。

アミエビならこれでも十分出ます。

アミエビにオキアミを混ぜることがあります。

その場合、下窓を少し開けないとオキアミだけ残ってしまいます。

コマセ五目釣りの釣り方

コマセ五目釣りの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを底まで沈めます。

基本的には底からのタナ取りになります。

釣り船や釣り場などによって異なることもあります。


仕掛けが着底すれば、糸ふけを取ります。

その後、コマセを2~3回に分けて出し、船長から指示があったタナまで巻き上げます。

船長からの指示は、底から○mやハリス分巻き上げるといったものなどがあります。

指示ダナまで巻き上げれば、そのまましばらくアタリを待ちます。


しばらく待ってもアタリがなければ、再度底まで沈めます。

もう1度タナを取り直します。

それでもアタリがなければ、仕掛けを回収します。

基本的にはこれを繰り返します。


イサキなどは追い食いをを狙うことがあります。

その場合、アタリのあったタナで待つとよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事