ぱっと見では見分けがつかない魚がいます。

他の魚と混同してしまって、どの魚なのかわからなくなることもあります。

マダイ・チダイ(ハナダイ)・レンコダイ(キダイ)は見分けがつきますか?

ここでは、それぞれの魚の違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

マダイとチダイの違い・見分け方は?

マダイはスズキ目タイ科マダイ亜科マダイ属に分類される魚です。

一方のチダイはスズキ目タイ科マダイ亜科チダイ属に分類される魚です。

分類上は、ほとんど同じ魚です。


マダイとチダイは、見分け方を知らないと同じ魚に見えます。

しかし、見分け方がわかれば、本当に簡単に見分けることができるようになります。


見分けるポイントは2つです。

1つ目は、エラの上の方が赤くなっているかどうかです。

血で滲んだかのように赤くなっているのがチダイです。

マダイは赤くなっていません。

2つ目は、尻尾の端が黒くなっているかどうかです。

尻尾が黒くなっているのがマダイです。

チダイは黒くないです。


尻尾を確認するのがもっとも簡単です。

これでマダイとチダイを間違えることはありません。


マダイ

マダイとチダイの違い・見分け方は?

チダイ

マダイとチダイの違い・見分け方は? スポンサーリンク

マダイとレンコダイの違い・見分け方は?

レンコダイは、スズキ目タイ科キダイ属に分類される魚です。

マダイは上をご覧ください。


マダイとレンコダイの見分け方についてです。

チダイと見分けるのに比べれば、本当に簡単です。

体の色がまったく違っています。

マダイは、体全体が赤色です。

少し黒っぽい赤のものもいます。

それに対して、レンコダイは黄色(金色)です。

顔や胸びれは黄色(金色)であることが多いです。

体全体は赤色ではなく、黄色がかっています。

多少の個体差はあります。

赤色がマダイで、黄色(金色)がレンコダイだということを覚えておけば間違うことはありません。


レンコダイ

マダイとレンコダイの違い・見分け方は?

チダイとレンコダイの違い・見分け方は?

チダイとレンコダイの見分け方は、体の色を見ればわかります。

マダイとレンコダイの見分け方と同じです。

赤色チダイで、黄色(金色)レンコダイです。


これで、マダイ・チダイ・レンコダイの見分け方は完璧です。

もう悩むことはありません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事