強烈なファイトでアングラーを熱くするシイラ。

そのため、シイラをルアーで狙うのが大人気です。

ここでは、船でのシイラのルアー釣りタックルと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

シイラ釣りの時期

シイラ釣りの時期についてご紹介します。

シイラ釣りのおすすめは、初夏~秋です。

6~11月がおすすめです。

に行くと、大型が狙いやすいです。

地域によって時期に差があるので、事前に確認しておくとよいでしょう。

シイラのルアー釣りタックル
スポンサーリンク

シイラのルアータックル

シイラのルアータックルについてご紹介します。

シイラのタックルは、狙うシイラのサイズによって変わってきます。


タックルは、次のとおりです。

シイラのルアー釣りタックル

ロッド

ロッドは、シイラ専用ロッドがおすすめです。

キャステング用のオフショアロッドでも代用できます。

ただし、シイラの引きは強烈なのでミディアムタイプを用意しておいた方が無難です。

しっかりと合わせられる先調子のものがよいです。

長さは、6~7フィートが一般的です。


リール

リールは、キャストに適したスピニングリールを使います。

速巻きに適したハイギアタイプがおすすめです。

サイズは、ダイワの場合3500~4500番、シマノの場合6000~8000番が使いやすいです。

あまりにも小さすぎるとやり取りが大変です。


ライン

ラインは、PEの2~3号を200m以上巻いておきます。

意外と細いラインでいけます。


リーダー

リーダーは、30~60lb1.5~2mセットしておきます。


ルアー

シイラ釣りは、トップウォーター中心の釣りとなります。

そのため、表層付近を攻めるルアーを使うことが多くなります。

ミノーやペンシル、ポッパー、ジャークベイトがおすすめです。

サイズは、11~15cmのものを使います。

シイラのルアー釣りのポイント

シイラのルアー釣りのポイントについてご紹介します。

もっともおすすめするのが、鳥山ナブラです。

鳥山やナブラが見つかれば、大型魚が下にいる可能性が高いです。

当然、シイラがいる可能性も高まります。

鳥山やナブラの中に仕掛けを直接キャストしないようにします。

そのようなことをすれば、せっかく集まっている魚が散ってしまいます。

鳥山やナブラの際を引いてこられるポイントに仕掛けを投入します。

そのため、潮の流れや風をきちんと把握してキャストしなければなりません。


ゴミや流木、パヤオ(浮魚礁)の下にはベイトが集まっていることが多いです。

そのため、そのベイト狙ってシイラがやって来ます。

ゴミや流木、パヤオ(浮魚礁)の際を通せるように、ルアーをキャストします。


潮目も狙い目です。

上のゴミなどが浮遊していることが多いためです。

ベイトが集まりやすいのも好ポイントの理由です。

シイラのルアーでの釣り方

シイラのルアーでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けを狙ったポイントへキャストします。

キャストする前に、後方などの確認を行うようにします。

基本的には、表層付近を狙うので、着水してすぐに誘い始めます。

ススム
誘い方は、使用するルアーによって変わってきます。


ミノー

ミノーには、フローティングミノーシンキングミノーがあります。

フローティングミノーで水面付近を、シンキングミノーで水面から2m前後を攻めます。

シンキングミノーの方が飛距離が出ます。

基本的には、ただ巻きでOKです。

トゥイッチで誘ってもよいです。


ペンシル

ペンシルには、フローティングタイプシンキングタイプがあります。

狙う層によって使い分けます。

トゥイッチで左右に首を振るドッグウォークという誘い方があります。

もちろん、この誘い方でもよいのですが、ただ巻きでも十分釣れます。


ポッパー

ポッパーは、水面を水しぶきを飛ばして、ポコポコというを発しながらアピールできるルアーです。

水面でシイラに喰わせます。

ジャークロングジャークで誘いを入れるとよいです。


ジャークベイト

ジャークベイトは、左右へのダートでアピールします。

カウントダウンで狙いのタナまで沈めます。

トゥイッチで誘います。


シイラが喰ってきたら、しっかり合わせます。

フッキングすると、シイラは強烈な引きで暴れまくります。

焦らないことが重要です。


シイラは、ジャンプしてフックを外そうとします。

この時にバレてしまうことが多いです。

穂先を立てるとバレやすいので、海面の方に向けるとよいです。

ベテランでもバラすことがある釣りのため、バラしても気にしないぐらいの心の余裕が欲しいですね。

取り込みが終わるまで、気を抜かないようにします。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事