アンダーベイトという釣りをご存じでしょうか?

別名で呼ばれることの方が多いです。

大型魚を狙うのに最適な釣り方のため、人気が高いです。

ここでは、アンダーベイトの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アンダーベイトとは

アンダーベイトとは落とし込みのことです。

サビキ仕掛けでベイト(小魚)に喰わせ、それを沈めて大型魚を狙う釣りのことです。

その釣り場にいる小魚がエサとなるので、大型魚が喰って気やすいです。

大型魚を釣るのに理想的な釣り方です。

青物(ブリ・ヒラマサ・カンパチなど)やマダイ、根魚(カサゴ・ハタ系など)、ヒラメなどいろいろな魚が釣れます。

スポンサーリンク

アンダーベイトの仕掛け

アンダーベイトの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

アンダーベイトの仕掛けと釣り方

ロッド

ロッドはアンダーベイト(落とし込み)専用ロッドを使います。

長さは2mほどが使いやすいです。


リール

リールは中型の電動リールを使います。

サイズは、ダイワなら400~500番がおすすめです。


道糸

道糸はPEの5号を使います。

250mほど巻いておきます。


リーダー

リーダーはフロロカーボンの14号を使います。

長さは5mです。


仕掛け

仕掛けは、アンダーベイト専用のサビキ仕掛けを使います。

針は12号前後、ハリスは10号前後です。


オモリ

オモリは80号を使います。

船で決められていることが多いです。

アンダーベイトの釣り方

アンダーベイトの釣り方についてご紹介します。

まず、ベイトに針に掛けます。

ベイトは場所や時期によって異なりますが、主にイワシアジです。

ベイトがどのタナにいるのかについては船長が教えてくれます。

そのタナでベイトに喰わせます。

基本的には、そのタナをサミングしながら沈めていきます。

それだけで針掛かりします。

掛らなければ、指示のあったタナよりも巻き上げて再度沈め直します。

ベイトが喰ってくるまで繰り返します。

ベイトが喰ってくれば、穂先にちょんちょんとアタリが出ます。

喰わなければ、5mごとに一瞬止めて沈めていきます。

いかに早くベイトを掛けられるかが勝負です。

アンダーベイトの仕掛けと釣り方

ベイトが掛れば、いよいよ大型魚狙いです。

底から1~2m上げたところでアタリを待ちます。

ベイトが動き回ってくれるので誘いは不要です。

根掛かりに注意します。


アタリがなければ、5m巻き上げて再度沈めます。

シャクるのはベイトが外れるのでNGです。


アタリは、穂先が一気に持ち込まれることが多いです。

持ち込まれれば、電動リールの巻き上げのスイッチをONにします。

強引に巻き上げすぎるとバレます。

慎重にやり取りします。

最後は網ですくいます。


こちらも参考にしてみてください。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事