最近、落とし込み釣りの人気が急上昇しています。

実は、ライト落とし込みという釣り方もあります。

ここでは、ライト落とし込みの仕掛け(タックル)と釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ライト落とし込みとは

ライト落とし込みとは、どのような釣り方なのでしょうか?

ライトという言葉が付いているように、普通の落とし込みよりもライトなタックルを使用します。

落とし込みでは、大型のヒラマサやブリ、カンパチなどがターゲットとなります。

一方のライト落とし込みでは、ハマチやアコウなどがターゲットとなります。

ターゲットとなる魚は明確には決まっていませんが、落とし込みよりも若干小型の魚であることが多いです。

ただ、ライトなタックルで釣るので、大型魚を釣り上げるのにも負けないぐらい釣りごたえがあります。

細いロッドなので、大きな弧を描いて引き込まれます。

強烈な引きを楽しむことができます。

ライト落とし込みの仕掛け
スポンサーリンク

ライト落とし込みの仕掛け(タックル)

ライト落とし込みの仕掛け(タックル)についてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ライト落とし込みの仕掛け

ロッド

ロッドは、オモリ負荷が50号ほどの胴調子の船竿を使います。

落とし込みよりもライトなタックルを使うので、落とし込み専用ロッドは使いません。


リール

リールは、小型の電動リールを使います。

手巻きリールでもできなくはありませんが、手返しを考えると電動リールを使った方がよいです。

ベイトが針に付くまで、何度も巻き上げては沈めます。

手巻きリールでは手返しが遅くなってしまいます。

巻き上げのパワーやラインキャパなどから、ダイワなら200サイズがおすすめです。


ライン

ラインは、PEの2~3号を使います。


仕掛け

仕掛けは、市販の落とし込み仕掛けを使います。

ハリスは7~8号です。


オモリ

オモリは、40~50号を使います。

釣りに行く場所などによって変わってきます。

ライト落とし込みの釣り方のコツ

ライト落とし込みの釣り方のコツについてご紹介します。

まず、ベイトのタナまで仕掛けを沈めます。

ベイトの種類によって、狙うべきタナが変わってきます。

一般的には、イワシは中層、アジは底付近と言われています。

タナについては、船長からの指示に従えばよいです。


狙いのタナまで行く間にベイトが付けば問題ありません。

しかし、ベイトの喰いが渋ければ、すぐに付かないことがあります。

その場合は、一度巻き上げて再度沈め直す必要があります。

基本的にはフリーフォールでよいですが、テンションフォールでゆっくり沈めてもよいです。


これでもベイトが付かない場合は、スローのただ巻きチョントチョンと軽くシャクッてみるとよいです。

ストップ&ゴーも有効です。


ベイトの手応えが感じられれば、底まで仕掛けを沈めます。

着底すれば、1~2mほど巻き上げておきます。

基本的には、そのまま大型が喰ってくるのを待ちます。

しばらく待っても当たりがなければ、ベイトを交換します。

元気なベイトでないと、大型の喰いが悪くなるためです。

また、はじめと同じようにしてベイトを付けます。

これを繰り返します。


ベイトに大型が喰い付けば、ロッドが大きく引き込まれます。

当たりがあれば、聞き上げて電動リールを巻き始めます。

強く合わせる必要はありません。

後は、ラインのテンションを緩めることなく、一定の速さで巻き上げます。

できるだけ早く底から魚を離すように心掛けます。

ただ、強引なやり取りは禁物です。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事