ホッケと言えば、開き干しのイメージが強いです。

ビールと一緒に食べるとおいしいです。

ホッケは釣ることができます。

釣りたてのホッケはさらにおいしいです。

ここでは、ホッケ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

ホッケとは

ホッケは、スズキ目アイナメ科に属する魚です。

地方では、タラバホッケ、チュウホッケ、ホッキなどと呼ばれています。

実は、ホッケは出世魚です。

出世魚とは、成長と共に名前が変わっていく魚のことです。

ブリなどと同じです。

ホッケ釣りの時期と時間帯

ホッケは次のように名前が変わります。

アオボッケ(青ボッケ)

稚魚~幼少期です。

青色をしています。


ロウソクボッケ

生後1年半前後です。

青黒い色をしています。


マボッケ(真ボッケ)

生後2年前後です。

茶色をしています。


ネボッケ(根ぼっけ)

回遊せず、岩礁域に定着したものです。

体色は成長するにつれて褐色を帯びていきます。


ホッケは、茨城県や対馬海峡以北に生息しています。

稚魚の間は沿岸の浅い海域で暮らし、成長と共に水深100mほどの海域に移動します。

大きくなるにつれて、底付近に住むようになっていきます。

最大で60cmを超える個体もいます。


産卵期は9~2月です。

オスは婚姻色に変わります。

水深20mほどの浅い海域で産卵します。

スポンサーリンク

ホッケ釣りの時期

ホッケ釣りの時期についてご紹介します。

ホッケ釣りの時期は、おかっぱりと船ではまったく異なります。

おかっぱりからのホッケ釣りの時期

おかっぱりからのホッケ釣りは、晩秋~冬がおすすめです。

は、4~5月に釣りに行くとよいです。

この時期は、産卵後のホッケを狙います。

ホッケはエサを求めて岸の方へやって来ます。

荒食いする時期です。

入れ食いになることもあります。

小型がたくさん釣れることが多いです。

脂が乗っていておいしいです。


晩秋~冬は、11~2月に釣りに行くとよいです。

この時期は、産卵前のホッケを狙います。

産卵するため、水深20mほどの海域にやって来ます。

抱卵したホッケが釣れます。

時期が遅いと、産卵後のホッケが釣れます。

親のホッケなので大型が多いです。


になると、おかっぱりからはあまり釣れなくなります。

ただし、まったく釣れないわけではありません。

船からのホッケ釣りの時期

船からのホッケ釣りは、がおすすめです。

6~8月に釣りに行くとよいです。

この時期になると、ホッケは水深100mほどの深場に移動します。

そのため、おかっぱりから狙うのは難しくなります。

深場に移動したホッケを狙うには、船釣りが適しています。

ホッケ釣りの時間帯

ホッケ釣りの時間帯についてご紹介します。

ホッケ釣りでおすすめの時間帯は朝夕マズメです。

特に、朝マズメが狙い目です。


基本的には、日中にも夜間にも釣れます。

それほど大きな差はありません。

それよりも、釣り場にホッケの群れがいるかどうかの方が重要です。

群れがいなければ釣れません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事