テナガエビは、大人気の釣りのターゲットです。

近くの川で簡単に釣れるのがうれしいです。

多摩川にも、テナガエビが狙えるポイントがあります。

ここでは、テナガエビの多摩川におけるポイントをいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

六郷橋上流周辺

六郷橋上流周辺は、テナガエビがよく釣れるポイントとなっています。

六郷橋の上流には、JRと京急の鉄橋があります。

京急の鉄橋から六郷橋の間には、コンクリートの護岸(地図に印のあるポイント)が広がっています。

底に捨て石が敷かれています。

潮が引くと干上がってしまうので、護岸からは釣れなくなります。

水位の高い時間帯がおすすめです。

捨て石の周辺が狙い目です。

また、JRの鉄橋から上流にかけては消波ブロック帯(地図に印がないポイント)が広がっています。

こちらは、干潮・満潮のどちらでも釣りは可能です。

消波ブロックの隙間を狙っていくとよいです。


スポンサーリンク

六郷橋下流周辺

六郷橋の下流の大田区側には、足場のよい護岸が広がっています。

テナガエビは傾斜の付いた護岸の先にいます。

ポイントは広いので、どんどん探っていくとよいです。

実は、対岸の川崎市側でもテナガエビを釣ることができます。

対岸には消波ブロック帯が続いています。

大田区側でダメなら、川崎市側へ移動するのもありです。


六郷水門周辺

六郷水門周辺には、テナガエビのポイントがたくさんあります。

人気の釣り場となっています。

おすすめは水門付近です。

他にはも、アシや消波ブロック帯、杭などが狙い目です。

水位によっては釣りにならないポイントがあります。

そのため、干潮と満潮の時間に注意が必要です。

ここでは、ハゼやウナギなどを狙う人もいます。


多摩川大橋周辺

多摩川大橋周辺では、テナガエビを釣ることができます。

川崎市側と大田区側のどちらにもポイントがあります。

おすすめは、川崎市側です。

川崎市側は、すぐ近くまで車で行くことができます。

橋の下には消波ブロック帯があります。

ここでよく釣れます。

人気の高いポイントなので人が多いです。

一方の大田区側にも、橋の下に帯があります。

潮の満ち引きによって、消波ブロックの露出度が変化するのでポイントが変わります。


ガス橋周辺

ガス橋の上流には、丸子ポンプ場の排水口があります。

そこは、コンクリートの護岸になっています。

一方、ガス橋の下流には野球場があって、ここもコンクリートの護岸になっています。

2カ所とも、テナガエビのポイントになっています。

どちらにも底に捨て石が敷かれていて、その周辺でテナガエビを狙えます。

杭周りも好ポイントです。



多摩川には、他にもポイントが存在します。

自分で新たなポイントを探してみるのも面白いです。


関連の人気記事



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事