タチウオのテンヤ釣りの人気が高いです。

テンヤ釣りでは、どのような種類・太さ(号数)のラインを使えばよいのでしょうか?

ここでは、タチウオテンヤのラインの太さとおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

タチウオテンヤのラインの太さなどの選び方

タチウオテンヤのラインの太さなどの選び方についてご紹介します。

ラインには、PEやフロロカーボン、ナイロンなどがあります。

タチウオのテンヤ釣りでは、PEがおすすめです。

PEはあまり伸びないので、非常に感度が高いです。

繊細なタチウオの当たりを取るのに最適です。

伸びないので、合わせた際にしっかりとフッキングさせることができます。


また、他のラインに比べて強度があるので、細いラインを使うことが可能となります。

それにより、空気の抵抗が減って飛距離が出るようになります。

ただ、強風に弱い・根ズレに弱いなどのデメリットがあります。

タチウオテンヤのライン

船でのタチウオ釣りと、堤防でのタチウオ釣りで使うラインの太さは異なります。

船の方が太いラインを使用します。


では、PEの3~4号がおすすめです。

太すぎると、ラインがフケてしまってお祭りしてしまうおそれがあります。

できるだけ他の人と同じぐらいの号数が望ましいです。

釣り船によっては、ラインの太さを指定されることがあります。


堤防では、0.6号前後を使うことが多いです。

太すぎると、飛距離が出にくいので注意が必要です。

スポンサーリンク

タチウオテンヤのラインのおすすめ

タチウオテンヤのラインのおすすめについてご紹介します。

よつあみ(YGK) PEライン G-soul スーパージグマン X8


ラインの詳しい解説は準備中!



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事