キスの投げ釣りは、夜間に行うことはできるのでしょうか?

夜釣りも楽しめます。

暗くなると、大型が釣れやすくなります。

ここでは、大型のキスを夜釣りで狙う仕掛けや釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

キス釣りの夜釣りの時間は?

キス釣りの夜釣りの時間についてご紹介します。

キスは夜になると、砂に潜る習性があると言われています。

それが本当なら、釣れないのではと考えてしまいます。

しかし、大型を狙うのなら夜間がよいのです。

大型は警戒心が強いので、昼間は物陰に潜んでいて、夜になるとエサを求めて活発に動き回ります。

朝夕マズメの時間帯が狙い目です。

どちらかのマズメを含めて釣りに行くとよいです。

スポンサーリンク

キス釣りの夜釣りのポイント

キス釣りの夜釣りのポイントについてご紹介します。

おすすめは、海藻やシモリが点在するポイントです。

他には、みお筋や沖合の深みもよいです。

日が暮れる前に釣り場に到着して、海の状況を把握しておくとよいです。

そうすれば、攻めるべきポイントが明確になります。

キス釣りの夜釣りでは大型が狙える!

キス釣りの夜釣りの仕掛け

キス釣りの夜釣りの仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

キス釣りの夜釣りでは大型が狙える!

竿

竿は、オモリ負荷25~30号の投げ竿を使います。

できれば柔らかめがよいです。

警戒心の強い大型に違和感なく食わせるためです。

長さは4mほどがおすすめです。


リール

リールは、ドラグ付きの投げ専用リールを使います。


ライン

ラインはナイロンの3号を使います。

PEは伸びないので、キスに抵抗を感じさせてしまいます。


力糸

力糸は、ナイロン3→12号を使います。


天秤

天秤は、遊動タイプのものを使います。

23~27号がおすすめです。


スナズリ

スナズリは40cmです。


幹糸

幹糸はフロロカーボンの8号を使います。


ハリス

ハリスは、ナイロンの4~5号を使います。

ナイロンは、フロロカーボンよりもしなやかで喰い込みがよいためです。

他の魚も狙いたいのならフロロカーボンがおすすめです。

長さは10cmです。




針は、キツネタイプを使います。

吸い込みがよいためです。

針掛かりをアップさせたいのならヒネリタイプを使うとよいです。

サイズは11~13号がおすすめです。

昼間より大きな針を使うのは、すっぽ抜けないためと、クロダイなどの他の魚が喰ってくるかもしれないためです。

針の上にシモリ玉を付けてもよいです。

針がゆらゆら揺れて食い気がアップします。

キス釣りの夜釣りのエサ

キス釣りの夜釣りのエサについてご紹介します。

大型狙いの定番のエサと言えば、チロリです。

このことは夜釣りでも同じです。

そのため、チロリは外せません。

ただ、状況によってはイワイソメがよいことがあります。

この2つは必ず用意しておきたいです。

日本海側では、アオイソメがよいことがあります。


チロリもイワイソメも頭をカットします。

カットしたところから針を刺していき、ハリスまでたくし上げて付けます。

エサはできる限りまっすぐにします。

フグが多いと、ハリスを切られてしまいます。

その場合は、たくし上げないように付けます。

キス釣りの夜釣りの釣り方

キス釣りの夜釣りの釣り方についてご紹介します。

キスの投げ釣りと言えば、引き釣りです。

昼間は引き釣りが定番です。

しかし、夜間は引き釣りではなく、置き竿で狙います。

回遊してくる大型を待ち伏せて釣るのです。


まず、仕掛けを狙いのポイントへキャストします。

その後、ラインを張った状態にして置き竿にします。

この時、ドラグを緩めておきます。

緩めておくことで、できる限りキスに違和感を抱かせなくします。

アタリがなければ、10分に1回程度軽くシャクッて誘いをかけます。


キスが喰ってくると、ドラグ音が鳴り響きます。

この時はまだ合わせません。

キスがエサをくわえて走っただけだからです。

合わせても逃げられることが多いです。

アタリがあれば、竿を手で持って竿先を下げ、ラインを1~2m送り出します。

もう1度アタリがあれば、軽く聞き上げてみます。

そこでキスが走るようであれば、軽く合わせを入れます。

針掛かりすれば、ポンピングせずに、一定の速さで巻いてきます。


一晩やっても、チャンスはそれほど多くない釣りです。

できる限りバラさないように慎重に行うことが重要です。

確率を上げるために、置き竿は3~4本出したいところです。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事