キス釣りと言えば夏です。

投げ釣りのイメージが強いですが、船での沖釣りも人気が高いです。

船からのエサ釣りなら、天秤仕掛けか胴付き仕掛けが一般的です。

ここでは、船でのキス釣りの胴付き仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

【キス釣り】胴付きと天秤のどちらの方がよい?

船のキス釣りにおいて、胴付き仕掛けと天秤仕掛けのどちらの方がよいのでしょうか?

どちらの方がよく釣れるとは言えません。

その日の状況などによって変わってくるためです。


潮の流れによってどちらか選ぶという方法があります。

潮が流れている場合は、天秤仕掛けがおすすめです。

逆に、潮があまり流れていない場合は、胴付き仕掛けにするとよいです。

潮が流れていない時に、天秤仕掛けで釣ると、長いハリスが底を這ってしまうためです。

これでは、天秤仕掛けにする意味がありません。

キス釣りの胴付き仕掛けと釣り方【船釣り】

釣りやすさで選ぶという方法もあります。

胴付き仕掛けは、当たりがダイレクトに出るのでわかりやすいです。

天秤仕掛けようにハリスが長いわけではないので絡まりにくいです。

このような点から、初心者には胴付き仕掛けの方が釣りやすいかもしれません。

スポンサーリンク

キス釣りの胴付き仕掛け

キス釣りの胴付き仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

キス釣りの胴付き仕掛け(船)と釣り方

竿

竿は、キス専用竿がおすすめです。

柔らかめのカワハギ竿でもOKです。

やや硬めの先調子のものがシャクリやすいです。

長さは、1.8~2.1mがよいです。


リール

リールは、小型のスピニングリールを使います。


ラインは

ラインは、PEの0.8~1号を使います。


先糸

先糸は、フロロカーボンの1.5号を1.5mセットします。

PEに直結します。


幹糸

幹糸は、フロロカーボンの1.5号を使います。


ハリス

ハリスは、フロロカーボンの1号を使います。

間隔は40cm、エダスは35cmほどにします。




針は、キス競技用ヒネリ8~9号を使います。

2本針にします。


オモリ

オモリは、10~15号を使います。

キス釣りのエサと付け方

エサは、アオイソメまたはイシゴカイを使います。

タラシは、4~5cmにしておきます。

天秤仕掛けよりもやや長い目にしておきます。

通し刺しで取り付けます。

針を頭の硬いところに刺すのならちょん掛けでもOKです。

キス釣りの胴付きの釣り方

キス釣りの胴付きの釣り方についてご紹介します。

胴付き仕掛けと聞けば、真下に沈めて釣るというイメージが強いです。

真下に沈めて釣る場合、竿先を上下させたり止めたりして誘いをかけます。


しかし、ここでおすすめするのは、キャストして釣る方法です。

こちらの方が広範囲を探れるのでたくさん釣れます。


まず、キャストをしてオモリを底まで沈めます。

着底すれば、糸ふけを取り、竿を一杯までシャクり上げます。

一瞬止めてからスーッと竿を下ろしていきます。

これにより、持ち上げられた仕掛けが一気に底まで沈められます。

オモリが底に着いて後、エサはゆっくりと沈んでいきます。

これがよい誘いとなります。

オモリが底に着いた時に、ややラインをたるませるとよいです。


5秒ほど経てば、再度竿をシャクり上げます。

この後は同じです。

基本的にはこの繰り返しで誘いをかけていきます。


当たりがない時は、5秒よりも待ち時間を長めに取ります。

いろいろ試してみるとよいです。


胴付き仕掛けは、当たりがダイレクトに出るのでわかりやすいです。

天秤仕掛けようにハリスが長いわけではないので絡まりにくいです。

このような点から、初心者には胴付き仕掛けの方が釣りやすいかもしれません。





スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事