カワハギ釣りと言えば、船釣りの印象が強いです。

船で釣りに行くと、30cmを超えるような大型が釣れます。

うまくいくと、数もたくさん釣れます。

ただ、おかっぱりからでもカワハギは釣れます。

ここでは、おかっぱりからのカワハギ釣りについてご紹介します。

ポイントについての解説もあります。

スポンサーリンク

おかっぱりからのカワハギ釣り!夜釣りは?

おかっぱりからのカワハギ釣りについてご紹介します。

新聞や雑誌などで、堤防でのカワハギ釣りについての特集がたまに組まれています。

堤防からも、比較的簡単にカワハギが釣れます。

ただ、船で釣るのような大型はあまり釣れません。

平均は15cmほどで、20cmを超えればよい方です。

もちろん、まったく大型が釣れないというわけではありません。

堤防以外にも、カワハギ釣りはなどからも狙えます。


カワハギは昼行性なので、夜釣りを行っても釣れません。

そのため、朝マズメから夕マズメまでが勝負です。

カワハギ釣りのおかっぱりでのポイント!夜釣りは釣れる?

堤防でのカワハギ釣りの魅力についてです。

船釣りとは違って、船代などエサ以外ではお金がかかりませんので、気軽に釣りに行けます。

少しサイズは小さいですが、釣ったカワハギを刺身にしたり、鍋に入れたりして食べることができます。

カワハギ釣りは、基本的には仕掛けを足元の底へ沈めるだけで釣れます。

投げ釣りのようにキャストしなくてもよいので、釣り初心者でもすぐにできます。

ただし、釣り方はシンプルなのですが、慣れないとなかなか釣り上げられません。


カワハギは、エサ取り名人と言われるように、いつの間にかエサを食べてしまいます。

アタリを逃してばかりいると、まったく釣れないこともしばしばあります。

そのため、今度は絶対に釣ってやろうと、どんどんカワハギ釣りにのめり込んでいく人が多いです。

釣れそうでなかなか釣れないというのも、ファンを増やしている大きな理由になっています。

興味のある人は、まず堤防でカワハギを狙ってみるとよいです。

スポンサーリンク

カワハギ釣りのポイント

カワハギ釣りのポイントについてご紹介します。

カワハギを堤防で釣る場合、次のようなポイントを狙います。


カワハギ釣りのおかっぱりでのポイント!夜釣りは釣れる?

堤防の先端

堤防の先端は潮通しがよいので、カワハギの好ポイントとなっています。

半島から突き出した堤防であればなおよいです。

また、潮が当たって変化するポイントでもあるので、カワハギが集まってきます。


堤防のコーナー部分

堤防のコーナー部分は、潮の流れが変化する好ポイントです。

外海側だけでなく、内湾側も狙います。


イケス・筏周辺

イケス・筏周辺はカワハギの好ポイントとなっています。

堤防の近くにイケスや筏があれば、近くにカワハギがいる可能性があります。

ただし、イケス・筏に針を引っ掛けないように注意しましょう。


カワハギは、基本的に潮通しのよい岩礁帯がある砂地にいます。

そのため、砂地で上のようなポイントを見つけることができれば、カワハギがいる可能性が高いです。

潮通しのよさは重要な条件なので、できるだけ潮通しのよさそうな場所を探します。

堤防に沿って海の中を覗いていくと、小さなカワハギが泳いでいるのが見えることがあります。

すぐ近くには、もっと大きなカワハギがいることが多いです。

そのポイントの深いタナを狙ってみるのと面白いです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事