ナマズ釣りは全国の河川や水路で行うことができます。

70cmほどになるものを釣り上げることも可能です。

引きは強烈なので釣りごたえは十分です。

ここでは、ナマズのルアー仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ナマズ釣りのルアー仕掛け

ナマズ釣りのルアー仕掛けについてご紹介します。

仕掛けは次のとおりです。

ナマズ釣りのルアータックルと釣り方

ロッド

ロッドはナマズロッドを使います。

ベイトロッドとスピニングロッドがあります。

一般的にはベイトロッドがよく使われます。

長さは、6フィート後半~7.5フィートが扱いやすいです。

リール

リールはベイトリールを使います。

大型のナマズにも巻けないパワーが必要です。

シマノなら200番がおすすめです。

ライン

ラインはナイロンの4~8号を使います。

飛距離を出したい時はPEを使っても構いません。

しかし、PEは伸びないので、バイトを弾きやすいです。

70~100mほど巻いておくとよいです。

ルアー

ルアーはハードルアーを使います。

トップウォータープラグを使うのが定番です。

トップウォータープラグで誘ってくると、水面が突然炸裂し、ルアーを喰ってくるのが見えます。

最高のシーンを目の前で見ることができます。

スポンサーリンク

ナマズ釣りのポイント

ナマズ釣りのポイントについてご紹介します。

ナマズは変化のあるポイントを好みます。

そのため、変化のあるポイントを積極的に狙っていくとよいです。

具体的にみていきます。

川の流れに変化のあるポイントです。

もっともおすすめなのは、落ち込みや排水溝などから水が流れ込んでくるポイントです。

水の動きがわずかなでも可能性はあります。

このようなポイントを見つければ、必ず狙うようにします。

ナマズ釣りのルアータックルと釣り方

他には、アシや岩、沈んだトタンなどの障害物周辺も好ポイントです。

日中は、こういった障害物の陰に隠れています

夜間は、エサを求めて物陰から出てきます。

後は、コンクリート護岸の岸壁に着いていることもあります。

橋の下もよく釣れます。


ナマズは、コイと同じポイントにいることが多いです。

そのため、コイを見つけたらその近くにナマズがいる可能性があるので、周辺を丁寧に探ります。

ナマズのルアーでの釣り方

ナマズのルアーでの釣り方についてご紹介します。

ポイントを見つけたら釣り始めます。

まず、ルアーをポイントの奥へキャストします。

着水後、ルアーを引いてきます。

ナマズの上をルアーが通るようにします。

巻く速さは、ルアーが泳ぐギリギリの速さが最適です。

ナマズは泳ぐのが得意ではないためです。


釣り場によっては、ナマズのポイントをうまく通せない場合があります。

そのような場合は、真上からルアーをゆっくり落としてチョンチョンと誘ってみるとよいです。

うまくいけば、これでも喰ってきます。


アタリがあっても慌ててはいけません。

水面からナマズがやって来ても、そのまま巻き続けます。

ロッドに重みを感じてから合わせます。

引き込みは強烈ですが、ロッドの弾力を活かしてうまくやり取りします。

無理は禁物です。

取り込む際も注意が必要です。

ナマズが激しく暴れている時に、強引に抜き上げるとバレることが多いです。

大人しくなってから抜き上げます。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事