神奈川県には、釣りで人気のサーフがたくさんあります。

ヒラメをはじめ、マゴチやメッキ、カマスなどいろいろ釣れます。

おすすめのサーフをいくつかご紹介します。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク

【神奈川のサーフ釣り】相模川河口

相模川河口の茅ヶ崎側にはサーフが広がっています。

ゴロタが混じったサーフと砂地のサーフがあります。

どちらからも釣りを楽しむことができます。

このサーフでは、ルアー釣りでメッキが狙えます。

メッキとはギンガメアジの幼魚です。

河口に近い場所ほど、メッキがよく釣れます。

カスミアジが釣れることもあります。

水温が下がると釣れなくなるので、11月頃までが狙い目です。


タックルは次のとおりです。

ロッドは、6フィートほどのアジングロッドがおすすめです。

200番のスピニングリールをセットします。

メッキやカマスなどに対応したルアーを使います。

シラス系やイワシ系のカラーがおすすめです。


スポンサーリンク

【神奈川のサーフ釣り】茅ケ崎西浜海岸

茅ケ崎西浜海岸は、ヒラメマゴチが狙える湘南サーフの中のポイントです。

ヒラメはに大型が狙え、になっても小型が釣れます。

になると、マゴチのシーズンです。

駐車場があります。


サーフでは、とにかく変化のある場所を狙うのが鉄則です。

サーフの地形が変化している場所は狙い目です。

沖の方で波が崩れている場所は浅くなっています。

その近くには魚がいます。


ルアーで狙うのが人気です。

ヒラメは、フローティングミノーやワームを使います。

反応がなければ、狙うレンジを変えて丁寧に探ります。

マゴチは、底を意識して釣らなければなりません。

そのため、バイブレーションやワームがおすすめです。


【神奈川のサーフ釣り】国府津海岸

国府津海岸は、青物が狙える人気のポイントです。

ソウダガツオ・ショゴ・ワカシがよく釣れます。

大人気のポイントなので、サーフにはたくさんの釣り人が詰めかけます。

有料駐車場がありますが、シーズンになると午前3時で満車になります。


青物はジグで狙います。

ジグサビキでワカシが狙えます。

朝マズメが狙い目です。

日の出~午前9時頃までがよく釣れます。


タックルは次のとおりです。

40gほどのジグをキャストできるショアジギングロッドを使います。

シーバスロッドでもOKです。

3000~4000番のスピニングリールをセットします。

ジグは30~40gです。

薄暗い時間帯はケイムラ、明るい時間帯はシルバーがおすすめです。


誘い方はただ巻きでよいです。

どのレンジに魚がいるのかわかりません。

上から下まで幅広く探ります。


【神奈川のサーフ釣り】大磯北浜海岸

大磯北浜海岸は、カマス釣りが人気のポイントです。

よい日は30分ほどでクーラーが満タンになります。

イナダが喰ってくることもあります。

しっかりした仕掛けを使うとよいです。


おすすめはジグを使った釣りです。

ジグだけでもよいですが、数釣りを楽しみたいのならジグサビキです。

ジグの上にサビキ仕掛けを付けます。

そうすれば、ジグだけでなく、サビキ仕掛けにも喰ってきます。

1度に数匹釣れることもあります。


誘い方は簡単です。

ジグが底に着いたら、ワンピッチジャークを繰り返すだけです。

カマスはどのレンジにいるのかわかりません。

そのため、底から表層まで幅広く誘うとよいです。

釣れた場所とレンジを再度狙うと、連続で喰ってくることが多いです。


投げ竿を使ってエサ釣りをしてもOKです。

基本的には遠投した方がよいです。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事