最近は、サヨリのルアー釣りの人気が高まりつつあります。

サヨリングと呼ばれる釣りです。

ルアー釣りと言っても、ソフトルアー(ワームなど)を使う釣りとハードルアー(メタルジグなど)を使う釣りの2つがあります。

ここでは、サヨリ釣りのルアー(ワーム・メタルジグなど)のおすすめについてご紹介します。

スポンサーリンク

サヨリ釣りで使うワームのおすすめ

サヨリ釣りで使うワームのおすすめについてご紹介します。

サヨリの口は小さいので、大きなワームでは釣れません。

サイズは1~2インチのものを使います。

長い場合はカットして使います。

人工エサもおすすめです。


2インチのワームです。

波動などにより、高い集魚効果が期待できます。

ジグヘッドにまっすぐセットしやすいです。




1.5インチがおすすめです。

超小型パドルテールにより、魚の食い気をアップします。




約8cmです。

見た目がイソメそっくりなので喰いがよいです。

虫エサが苦手な人にぴったりです。

常温で保存できます。


スポンサーリンク

サヨリ釣りで使うジグヘッドのおすすめ

サヨリ釣りで使うジグヘッドのおすすめについてご紹介します。

ジグヘッドは0.4g前後を使います。

できるだけ小さなジグヘッドがおすすめです。


スローリトリーブの釣りに適しています。

どのような釣りにも対応できるジグヘッドです。

ワームキーパーが付いているので、ワームのズレを予防できます。




フロートリグや飛ばしウキなどに適しています。

水平姿勢で安定します。

サヨリ釣りで使うメタルジグのおすすめ

サヨリ釣りで使うメタルジグのおすすめについてご紹介します。

メタルジグが重すぎると、表層を狙うのは難しいです。

そのため、できる限り軽いものを使います。


ジグパラ マイクロにライブベイトカラーが登場しました。

日中もマヅメも魚にアピールします。

サヨリ釣りで使うスプーンのおすすめ

サヨリ釣りで使うスプーンのおすすめについてご紹介します。

サヨリはスプーンでも釣れます。

メタルジグでは重過ぎて表層を狙えない場合などは、スプーンを試してみるとよいでしょう。


1.5gがおすすめです。

村田基氏がプロデュースしました。

食いが渋い時に威力を発揮します。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事