おかっぱりから大物を狙いたい人におすすめなのが、カゴ釣りです。

非常に理にかなった釣り方のため、青物やマダイがよく釣れます。

おかっぱりからハマチやブリを釣りたいのなら、やってみる価値は十分あります。

ここでは、ハマチ・ブリのカゴ釣り仕掛けと釣り方についてご紹介します。

スポンサーリンク

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りの時期

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りの時期についてご紹介します。

カゴ釣りは、7~11月がおすすめです。

特に、はよく釣れるので、初心者が釣りを始めるのにはぴったりです。

ただ、釣りに行く場所によっては、時期にズレがあります。

きちんと情報を入手してから、釣りに行く時期を決めるとよいです。

ハマチ・ブリのカゴ釣り仕掛け
スポンサーリンク

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣り仕掛け

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣り仕掛けについてご紹介します。

カゴ仕掛けは、次のとおりです。

ハマチ・ブリのカゴ釣り仕掛け

竿

竿は、磯竿の3~4号を使います。

遠投用がおすすめです。

長さは、5m前後のものがよいです。

長い方が飛距離を出しやすいです。


リール

リールは、中~大型のスピニングリールを使います。

サイズは、3000~4000番がおすすめです。

大物がヒットしても大丈夫なように、ドラグ性能の優れたものがよいです。


ライン

ラインは、ナイロンの6~8号がおすすめです。

PEの3号でもOKです。


ウキ

ウキは、中通し遠投カゴウキの8~12号を使います。


カゴ

カゴは、遠投用のテンビン付きコマセカゴの8~12号を使います。

テンビンが不要な場合は、ロケットナイロンカゴをでもよいです。


ハリス・針

ハリスはフロロカーボンの6~8号(3~5m)、針はグレ10~12号を使います。

市販のカゴ釣り仕掛けを使うとよいです。

ハリスや針は、ハマチを狙うのかブリを狙うのかによってかなり異なります。

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りのエサ

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りのエサについてご紹介します。

エサには、刺し餌と撒き餌があります。

刺し餌とは、針に付けるエサのことです。

オキアミを使います。

撒き餌とは、魚を寄せるために撒くエサのことです。

カゴやロケットなどに入れてキャストし、そのポイントで撒いて魚を寄せます。

刺し餌と撒き餌は、同じものを使った方がよいです。

そのため、オキアミが使われることが多いです。

アミエビでもOKです。

集魚力アップのために、配合エサを混ぜるのも効果的です。

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りのポイント

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りのポイントについてご紹介します。

カゴ釣りでもっともイメージが強いのは、堤防ではないでしょうか?

堤防は外せません。

ただ、カゴ釣りは意外といろいろな場所で行うことができます。

サーフでもOKです。

もちろん、それなりに水深のあるところでないといけません。


潮通しのよいところの方がよいです。

潮が流れていないと、撒き餌が効かず、エサ取りばかりが寄ってきます。


あと、地形に変化のあるポイントを狙うようにします。

カケアガリ障害物周辺は好ポイントです。

そのため、潮目は必ず狙うようにします。

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りの釣り方

ハマチ・ブリ釣りのカゴ釣りの釣り方についてご紹介します。

釣り方は次のとおりです。

まず、カゴに撒き餌と刺し餌を入れます。

8分目まで撒き餌を入れます。

その上に針に付けられた刺し餌を乗せ、最後にもう1度撒き餌を入れます。

カゴのフタを閉じれば完了です。

これで、狙ったポイントの狙ったタナにいくまで、刺し餌がなくなることはありません。


次に、仕掛けをキャストします。

着水する直前で、サミングします。

リールからラインが出るのを指で止めるのです。

こうすることで、余分なラインの出を抑え、トラブルを防止することができます。


ウキがしっかりと立つまで待ちます。

仕掛けを潮に乗せて流していきます。

あとは、当たりを待つだけです。


当たりがなければ、ウキ下の長さを調整します。

始めは表層~中層を狙いますが、徐々に長くしてタナを深くしていきます。

ススム
ブリは、底にいることが多いです。


当たりがあっても、すぐに合わせません。

ワンテンポ待ってから合わせるとよいです。

近くに釣り人がいる時は、できるだけ早く巻き上げるようにします。

そうしないと、仕掛けがお祭りしてしまいます。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事