青物の1つであるサワラ。

ルアーに好反応を示し、引きが強いということで釣りの人気のターゲットとなっています。

毎年多くの釣り人がサワラ釣りに足を運んでいます。

ここでは、サワラ釣りの時期と時間帯についてご紹介します。

スポンサーリンク

サワラとは

サワラはスズキ目サバ科に属する魚です。

日本全国の沿岸に生息しています。

春~秋沿岸の表層で群れを作って泳いでいます。

になると深場に移動します。

サワラ釣りの時期と時間帯

体形は細長く、最大1mを超える個体もいます。

鋭い歯を持っているので、仕掛けを切られてしまうことが多いです。

肉食のため、ルアー釣りの絶好のターゲットとなっています。

非常に引き込みが強いのも特徴です。

産卵期は春~初夏です。

スポンサーリンク

サワラは出世魚!呼び名の順番とサゴシとの違い

サワラは出世魚です。

そのため、ブリなどと同じく、魚の大きさによって呼び名が変わっていきます。


サワラは大きさによって、次のように呼ばれます。

  • サゴシ(関西)・サゴチ(関東) 40~50cm
  • ナギ 50~60cm
  • サワラ 60cm以上

サワラと呼べるのは、60cm以上のものです。

かなり大きいサイズです。


釣り番組で、サゴシ釣りがよく行われています。

これは、小型のサワラを狙った釣りをするということです。

サワラもサゴシも同じ魚です。

ただし、味は大きいほどおいしいと言われています。

そのため、サワラの方がおいしいです。

サワラ釣りの時期

サワラ釣りの時期についてご紹介します。

サワラは「鰆」という字を書くことから、春というイメージが強いです。

しかし、ベストシーズンは必ずしも春とは限りません。


サワラは、年間を通して釣ることができる魚です。

ただ、どの時期でもよく釣れるわけではありません。

おかっぱりからは6~12月頃まで狙うことができます。

産卵は春~初夏に行われます。

産卵が終わって少し経った9月頃からよく釣れ出します。

水温が下がると深場に移動するので、12月が終わるとあまり釣れなくなります。


冬になると、船釣りがおすすめです。

深場に移動したサワラを狙います。

この時期のサワラは「寒鰆」と言われ、脂がのっていて美味しいです。

12~2月頃がおすすめです。


ここでご紹介した時期は目安に過ぎません。

サワラは回遊魚なので、場所によってやって来る時期にズレが生じます。

そのため、場所によって釣れる時期が異なります。

サワラ釣りの時間帯

サワラ釣りの時間帯についてご紹介します。

サワラを狙うのなら、朝マズメ夕マズメがおすすめです。

他の魚同様に、魚の活性が上がります。

もちろん、日中にも釣ることができます。

ちなみに、夜釣りで釣るという話はあまり聞きません。



励みになります!
応援のフォローを
よろしくお願いします!

応援のフォローをお願いします!

おすすめの記事