2019年7月12日に今シーズン2回目のタコ釣りに行ってきました。

前回はそこそこ釣れたので、今回もたくさん釣りたいところです。

今までは仕立船で釣りに行っていましたが、この時は乗合船でいくことにしました。

タコが釣れているということで、39人もの釣り人がやって来ていました。

明石でのタコのエギ釣り

この日は、午前6時に出船しました。

梅雨で雨を心配しましたが、この日は途中から晴れてきました。

波と風もそれほど問題となるようなものではありませんでした。

明石でのタコのエギ釣り

ポイントに到着し、すぐに釣りを開始しました。

少し誘っていると、タコの当たりがありました。

厳密に言うと、当たりがあったわけではなく、大きくシャクり上げた時に、若干の重みを感じたのです。

最近のタコは小さいので、明らかな重みを感じることは少ないです。

逆に言うと、普段の重みとの違いを判別できなければ、タコが乗っていることに気づかないでしょう。

せっかくタコがエギに乗っていても、そのことに気づかなければ、巻き上げることをしないので、当然タコを釣り上げることはできません。

仕掛けだけの時の重さを覚えておくことが重要です。


釣り上げると、200~300gぐらいのタコでした。

予想通りの大きさでした。

この時間帯は、潮がほどよく流れていて、タコ釣りにぴったりでした。

2時間ほどは、コンスタントにタコを釣り上げることができました。

明石でのタコのエギ釣り

大抵の場合、よい時間帯は長くは続きません。

案の定、潮が速くなってきてタコの当たりが減りました。

おまけに、釣り人が多いため、お祭りが頻発するようになりました。

誘っていて重くなったと思って巻き上げると、他の人の仕掛けを引っ掛けて上げてくるようなことがたびたびありました。

乗合船はこのようなものと言えばそれまでなのですが、さすがにへこんできます。

そんな中で、たまにタコが釣れるとうれしいものです。


結局、この状況は好転することはありませんでした。

午後1時に釣りを終えました。

出だしがよかっただけに、今日も爆釣かと思いましたが、思うようにはいきませんでした。

もう1回くらいはタコ釣りに行きたいですね。



この日のタックルは、次のとおりです。

ロッド:アルファタックル 餌木タコ 185 LTD
リール:テイルウォーク エランワイドパワーオクトパス スペシャル2 64BR
ライン:PE3号
リーダー:フロロカーボン8号20cm
エギ:蛸墨族25gと35gなど


この日の釣果
マダコ 200~600g 28匹

写真は2人分です。

タコ釣りの釣果




スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事