シーバスのバチパターンの攻略についてです。

ここでは、シーバスのイナッコパターンのルアー選び方や攻略法についてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバスのバチパターンとは?その時期は?

シーバスのバチパターンとは、どのようなものなのでしょうか?

時期についてもみていきます。

シーバスのバチパターン(バチ抜け)

バチパターンとは、シーバス釣りで見られる2月~初夏のシーズナルパターンのことです。

バチとは、イソメやゴカイなどの環形動物のことです。

砂泥に潜んでいるバチは、産卵期になると、水面までやって来ます。

ススム
このことをバチ抜けと言います。


水面にバチを確認できなくても、バチ抜けが発生している場合があるので注意が必要です。

底で発生している場合やバチが流されている場合などがあります。

河口域湾奥などでよく見られます。

ただ、底はコンクリートではなく、砂泥などでないといけません。

バチ抜けを狙うのなら、満月の大潮前後がベストです。


バチ抜けの際よく釣れるのは、小~中型のシーバスです。

たまに、大型がヒットする場合もあります。

スポンサーリンク

バチパターンでおすすめのルアーの選び方

バチパターンでおすすめのルアーの選び方についてご紹介します。

おすすめのルアーは、表層付近を攻めるのに適したシンキングペンシルです。

浮き上がりやすい特性を活かして釣ります。

バチ抜け専用のシンキングペンシルも販売されています。

カラーはダーク系、サイズは7cm前後と12cm前後を用意します。


他にも、ワームを使って釣るのも人気です。

ワームを使う釣り方には、次の2つがあります。


ジグヘッド&ワーム

ワームは、ストレート系の波動が少なめがおすすめです。

状況にもよりますが、サイズは4インチが基本です。


ジグヘッドは、バレット型などがおすすめです。

重さは、5~7gを使います。

使うワームのサイズによって調整します。


ノーシンカーリグ

ノーシンカーリグは、文字どおりシンカーを使いません。

そのため、フックとワームのみで釣ります。

ワームについて、上と同じです。

フックはオフセットフックがおすすめです。

これらを組み合わせるだけなので簡単です。

シーバスのバチパターンの釣り方

シーバスのバチパターンの釣り方についてご紹介します。

使うルアーによって、釣り方が異なります。


シンキングペンシル

基本的には、キャスト後表層付近をゆっくり引いてくるだけでよいです。

喰ってこない時は、少し速めに巻くと効果的です。

表層付近でダメな時は、ボトムを攻めてみても面白いです。


ジグヘッド&ワーム

釣り方は、シンキングペンシルとそれほど変わりません。

バチパターンでは、余計なアクションを加えると釣れません。

ナチュラルにドリフトさせるのもおすすめです。


ノーシンカーリグ

必ず上流にキャストして、下流に向かって引いてくるのが鉄則です。

シーバスに違和感を抱かせると警戒して喰わなくなります。

ナチュラルに沈んでいくことでよいアピールになります。

ボトムを狙う場合は、さびいた後ナチュラルに沈めます。
これを繰り返します。


シーバスがバチを喰いに来たベイトを追っている時は、通常の釣り方で対応します。

そのため、選ぶべきルアーやレンジに注意が必要です。

参考動画



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事