シーバス釣りには、メタルバイブレーション(以下、メタルバイブルアー)がよく使われます。

メタルバイブルアーが使われるのは、いろいろなメリットがあるためです。

ここでは、シーバスのメタルバイブルアーの使い方とタックルなどについてご紹介します。

スポンサーリンク

シーバス釣りにおすすめの時期

シーバス釣りにおすすめの時期についてご紹介します。

シーバスは、年間を通して釣ることが可能です。

中でも、が釣りやすいです。

春は産卵後、秋は産卵前のベイトをよく喰う時期となっています。

このどちらかに行くと間違いないです。

スポンサーリンク

メタルバイブルアーとは

メタルバイブとは、文字どおり、金属できたバイブレーションのことです。

金属製のため、飛距離が出るうえ、比較的簡単に底を取ることができます。

アクションが大きく、アピール力が強いです。

低活性のシーバスに効果的です。

シーバスのメタルバイブルアーの使い方

シーバスをメタルバイブで釣る場合のタックル

シーバスをメタルバイブで釣る場合のタックルについてご紹介します。

タックルは次のとおりです。

ルアー釣り 仕掛け

ロッド

シーバスロッドを使います。

ルアーを操作しやすくて、バイトを弾かないものがよいです。

長さは、9フィート前後がおすすめです。


リール

リールは、スピニングリールを使います。

2500~3000番がおすすめです。


ライン

ラインは、PEの0.6号を巻いておきます。


リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2号を使います。


ルアー

メタルバイブを使います。

きちんと底を取れる重さのものを選びます。

操作性のよいものが使いやすいです。

ラインが絡みにくいなどの特徴があります。

シーバスのメタルバイブでの釣り方

シーバスのメタルバイブでの釣り方についてご紹介します。

まず、仕掛けをキャストします。

底まで沈めます。

表層にベイトが見える時以外は、を狙います。

着底後、ただ巻きで引いてくるだけです。

巻く速さは、反応を確かめながら決めます。

表層を攻める時も同様です。

カウントダウンで中層を狙ってもよいです。


他に、リフト&フォールで誘いをかけてもOKです。

穂先を上げることでルアーを持ち上げます。

ロッドを上げる幅やスピードで変化を付けることができます。

その後、穂先を下げながら、リールを巻いて糸ふけを取り、フォールさせます。

この時、ラインが張るか緩むかの状態をキープしながら沈めていきます。

テンションを張った状態でカーブフォールさせるのもありです。


リフトする時に、小刻みに数回シャクッてもよいです。

ショートピッチで跳ね上げるようにするのも有効です。

このようにすると、シーバスの活性が低い時日中の釣りに効果的です。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローをお願いします!

Twitterのフォローをお願いします!

おすすめの記事